[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP USER

Name

DROP USER -- データベースユーザアカウントの削除

Synopsis

DROP USER name

説明

DROP USER は指定されたユーザをデータベースから削除します。そのユーザが所有するテーブル、ビュー、その他のオブジェクトは削除しません。 ユーザがデータベースを所有している場合は、エラーが出されます。

パラメータ

name

既存のユーザの名前です。

診断

DROP USER

このメッセージはユーザの削除に成功した場合に返されます。

ERROR: DROP USER: user "name" does not exist

このメッセージはユーザ名が存在しなかった場合に表示されます。

DROP USER: user "name" owns database "name", cannot be removed

先にデータベースを削除するか、所有者を変更する必要があります。

注釈

新しいユーザを追加するには CREATE USER を、ユーザの属性を変更するには ALTER USER を使用してください。 PostgreSQL には、このコマンドと同じ機能を持つ (実際は、このコマンドを呼び出しています) プログラム dropuser があり、コマンドシェルから実行することができます。

ユーザアカウントを削除します。

DROP USER jonathan;

互換性

DROP USER 文は PostgreSQL の拡張です。 SQL 標準では、ユーザの定義は実装に任されています。

関連項目

CREATE USER, ALTER USER, dropuser