他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropuser

Name

dropuser -- PostgreSQL ユーザアカウントの削除

Synopsis

dropuser [options...] [username]

説明

dropuserは、存在するPostgreSQLユーザを削除し、それと一緒にそのユーザが所有していたデータベースも削除します。pg_shadow システムカタログで usesuper 権限があるユーザのみが PostgreSQL ユーザを削除することができます。

dropuserは、PostgreSQL の対話的端末psql経由で実行される SQL コマンド DROP USER のシェルスクリプトラッパーです。したがって、この方法以外の方法でユーザの削除を行っても特別な違いはありません。このことは、このスクリプトから psql が参照できなければならないことと、対象ホスト上でデータベースサーバが稼働していなければならないことを意味します。また、psqllibpq のフロントエンドライブラリで使用可能なあらゆるデフォルトの設定や環境変数が適応されます。

オプション

dropuser は、下記のコマンドライン引数を受け付けます。

username

削除する PostgreSQL ユーザ名を指定します。 これは、PostgreSQL システム内に存在する名前でなくてはなりません。コマンドラインでその指定が行われなかった場合には入力のためにプロンプトが表示されます。

-e
--echo

dropuser が生成し、サーバに送信する問い合わせを表示します。

-i
--interactive

実際にユーザを削除する前に確認のプロンプトを表示させます。

-q
--quiet

返答を表示させないようにします。

createuser は以下のコマンドライン引数も接続パラメータとして受けつけます。

-h host
--host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホスト名がスラッシュから始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port port

サーバが接続を監視するインターネット TCP/IP ポートもしくはUnix ドメインソケットのファイル拡張子を指定します。

-U username
--username username

接続に使用するユーザ名 (削除するユーザ名ではなく)

-W
--password

パスワードのプロンプトを強制します (削除するユーザのパスワードではなくサーバに接続するためのパスワード)。

環境

PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータ

診断

DROP USER

問題ありません。

dropuser:deletion of user "username" failed

問題が起こりました。 ユーザは削除されませんでした。

エラー条件があれば、バックエンドのエラーメッセージが表示されます。この場合に表示されるメッセージについては、DROP USER、とpsqlを参照して下さい。

以下のコマンドで、joe というユーザをデフォルトのデータベースサーバから削除します。

$ dropuser joe
DROP USER

以下のコマンドで、ホスト eden でポート5000を使用している postmaster からユーザ joe を削除します。 また、この時、背後で実行される問い合わせを表示し、また、削除前に確認が促されます。

$ dropuser -p 5000 -h eden -i -e joe
User "joe" and any owned databases will be permanently deleted.
Are you sure?(y/n) y
DROP USER "joe"
DROP USER

関連項目

createuser, DROP USER