他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropuser

Name

dropuser -- PostgreSQL ユーザアカウントの削除

Synopsis

dropuser [options...] [username]

入力

-h, --host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホスト名がスラッシュから始まる場合には Unix ドメインソケットのディレクトリとして使用されます。

-p, --port port

サーバが接続監視のために使用しているインターネット TCP/IP ポート、または Unix ドメインソケットファイルの拡張子を指定します。

-e, --echo

createdbが生成し、バックエンドに発行した問い合わせを表示します。

-q, --quiet

結果を表示させません。

-i, --interactive

実際にユーザを削除する前に確認のプロンプトを表示させます。

username

削除するPostgreSQLユーザ名を指定します。ここで指定する名前はPostgreSQL インストレーション内に存在している必要があります。コマンドラインでその指定が行われなかった場合には入力のためにプロンプトが表示されます。

-h-p-eオプションはそのままpsqlに引き渡されます。psqlのオプションである-U-Wも使用することが可能ですが、このコンテキスト内で混同する恐れがあります。

出力

DROP USER

問題ありません。

dropuser: deletion of user "username" failed

何かエラーが生じ、ユーザは削除されませんでした。

エラー条件がある場合、バックエンドエラーメッセージが表示されます。詳細はDROP USERpsqlをご覧下さい。

説明

dropuserは、存在する PostgreSQLユーザを削除し、 それと一緒にそのユーザが所有していたデータベースも削除します。pg_shadow システムカタログで usesuper権限があるユーザのみが PostgreSQL ユーザを削除することができます。

dropuserは、PostgreSQLの対話的端末psql経由で実行される SQLコマンドDROP USER のシェルスクリプトラッパーです。したがって、この方法以外の方法でユーザの削除を行っても特別な違いはありません。スクリプトからpsqlを参照することができ、かつデータベースサーバが指定したホストで稼働している必要があります。また、psqllibpq フロントエンドライブラリの、全てのデフォルトの設定や環境変数が適用されます。

使用方法

以下のコマンドで、joeというユーザをデフォルトのデータベースサーバから削除します。

$ dropuser joe
DROP USER

以下のコマンドで、ホスト eden でポート5000を使用している postmaster からユーザ joe を削除します。また、この時、背後で実行される問い合わせを表示し、また、削除前に確認が促されます。

$ dropuser -p 5000 -h eden -i -e joe
User "joe" and any owned databases will be permanently deleted.
Are you sure? (y/n) y
DROP USER "joe"
DROP USER