他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropuser

名前

dropuser -- PostgreSQLのユーザアカウントを削除する

概要

dropuser [connection-option...] [option...] [username]

説明

dropuserは、既存のPostgreSQLのユーザを削除します。 PostgreSQLのユーザを削除することができるのは、スーパーユーザとCREATEROLE権限があるユーザのみです。

dropuserSQLコマンドDROP ROLEのラッパです。 このユーティリティを使用してユーザを削除しても、この方法以外の方法でサーバでアクセスしてユーザを削除しても特に違いはありません。

オプション

dropuserは、下記のコマンドライン引数を受け付けます。

username

削除するPostgreSQLのユーザ名を指定します。 コマンドラインで指定されず、かつ-i/--interactiveオプションが使用されている場合は、入力を促すプロンプトが表示されます。

-e
--echo

dropuserが生成し、サーバに送信するコマンドを表示します。

-i
--interactive

実際にユーザを削除する前に確認のプロンプトを表示します。 コマンドラインにてユーザ名が指定されなかった場合にユーザ名の入力を促します。

-V
--version

dropuserのバージョンを表示し、終了します。

--if-exists

ユーザが存在しない場合にエラーを発生しません。 この場合は注意が発生します。

-?
--help

dropuserのコマンドライン引数の使用方法を表示し、終了します。

dropuserは以下のコマンドライン引数も接続パラメータとして受け付けます。

-h host
--host=host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。 この値がスラッシュから始まる場合、Unixドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port=port

サーバが接続を監視するTCPポートもしくはUnixドメインソケットのファイル拡張子を指定します。

-U username
--username=username

接続に使用するユーザ名です (削除するユーザ名ではありません)。

-w
--no-password

パスワードの入力を促しません。 サーバがパスワード認証を必要とし、かつ、.pgpassファイルなどの他の方法が利用できない場合、接続試行は失敗します。 バッチジョブやスクリプトなどパスワードを入力するユーザが存在しない場合にこのオプションは有用かもしれません。

-W
--password

データベースに接続する前に、dropuserは強制的にパスワード入力を促します。

サーバがパスワード認証を要求する場合dropuserは自動的にパスワード入力を促しますので、これが重要になることはありません。 しかし、dropuserは、サーバにパスワードが必要かどうかを判断するための接続試行を無駄に行います。 こうした余計な接続試行を防ぐために-Wの入力が有意となる場合もあります。

環境

PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータです。

また、このユーティリティは、他のほとんどのPostgreSQLユーティリティと同様、libpqでサポートされる環境変数を使用します(項31.14を参照してください)。

診断

問題が発生した場合、考えられる原因とエラーメッセージについてはDROP ROLEpsqlを参照してください。 データベースサーバは対象ホスト上で稼働していなければなりません。 また、libpqフロントエンドライブラリで使用される、あらゆるデフォルトの設定や環境変数が適用されます。

デフォルトのデータベースサーバから、ユーザjoeを削除します。

$ dropuser joe

ホストedenでポート5000を使用しているサーバから、ユーザjoeを削除します。 このとき、背後で実行されるコマンドの表示と、削除前の確認をします。

$ dropuser -p 5000 -h eden -i -e joe
Role "joe" will be permanently removed.
Are you sure? (y/n) y
DROP ROLE joe;

関連項目

createuser, DROP ROLE