他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropuser

名前

dropuser -- PostgreSQL ユーザアカウントの削除

概要

dropuser [option...] [username]

説明

dropuserは、存在するPostgreSQLユーザを削除し、それと一緒にそのユーザが所有していたデータベースも削除します。 スーパーユーザ(pg_shadow システムカタログで usesuper 権限があるユーザ)のみが PostgreSQL ユーザを削除することができます。

dropuserDROP USER SQLコマンドを隠したラッパです。 このユーティリティを使用してもこの方法以外の方法でサーバでアクセスしてユーザの削除を行っても特別な違いはありません。

オプション

dropuser は、下記のコマンドライン引数を受け付けます。

username

削除する PostgreSQL ユーザ名を指定します。 コマンドラインでその指定が行われなかった場合には入力のためにプロンプトが表示されます。

-e
--echo

dropuser が生成し、サーバに送信するコマンドを表示します。

-i
--interactive

実際にユーザを削除する前に確認のプロンプトを表示させます。

-q
--quiet

応答を表示させないようにします。

dropuser は以下のコマンドライン引数も接続パラメータとして受けつけます。

-h host
--host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。 この値がスラッシュから始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port port

サーバが接続を監視する TCP ポートもしくはUnix ドメインソケットのファイル拡張子を指定します。

-U username
--username username

接続に使用するユーザ名です。 (削除するユーザ名ではありません。)

-W
--password

パスワードのプロンプトを強制します (削除するユーザのパスワードではなくサーバに接続するためのパスワードです。)。

環境

PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータです。

診断

問題が発生した場合、潜在する問題とエラーメッセージについては DROP USERpsql を参照してください。 データベースサーバは対象ホスト上で稼働していなければなりません。 また、libpq フロントエンドライブラリで使用される、あらゆるデフォルトの設定や環境変数が適用されます。

デフォルトのデータベースサーバからユーザjoeを削除します。

$ dropuser joe
DROP USER

ホスト eden でポート5000を使用しているサーバからユーザ joe を削除します。 また、この時、背後で実行されるコマンドを表示し、また、削除前に確認が促されます。

$ dropuser -p 5000 -h eden -i -e joe
User "joe" and any owned databases will be permanently deleted.
Are you sure? (y/n) y
DROP USER "joe"
DROP USER

関連項目

createuser, DROP USER