[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

droplang

名前

droplang -- PostgreSQL手続き言語の削除

概要

droplang [connection-option...] langname [dbname]
droplang [connection-option...] --list | -l dbname

説明

droplangは、PostgreSQLデータベースにあるプログラミング言語を削除するユーティリティです。 droplangPostgreSQL 配布物にて提供されていない手続き言語を含め、全ての手続き言語を削除することができます。

バックエンドプログラミング言語は SQL コマンドを使って直接追加することができますが、 createlang はいくつかのチェック を行ないますし、使いかたも簡単ですので、こちらを使うことを お勧めします。より詳細はDROP LANGUAGEをご覧下さい。

オプション

droplangは、下記のコマンドライン引数を受け付けます。

langname

バックエンドの削除したいプログラミング言語を指定します。

[-d] dbname
[--dbname] dbname

どのデータベースから言語を削除するのかを指定します。デフォルトでは、現在のシステムユーザ名と同じ名前のデータベースが使用されます。

-e
--echo

実行される SQL コマンドを表示します。

-l
--list

対象データベース内にすでにインストールされている言語のリストを表示します。

また、droplangでは接続引数として下記のコマンドライン引数を使用できます。

-h host
--host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホスト名がスラッシュから始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port port

サーバが接続を監視するインターネット TCP/IP ポートもしくは Unix ドメインソケットのファイル拡張子を指定します。

-U username
--username username

接続するためのユーザ名を指定します。

-W
--password

強制的にパスワードのプロンプトを表示します。

環境

PGDATABASE
PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータです。

診断

ほとんどのエラーメッセージの意味はそれ自身で理解できるものとなっています。 理解できないものに関してはdroplang--echoをつけ、それぞれのSQLコマンドで見て下さい。

注釈

言語の追加にはcreatelangを使用して下さい。

pltcl を削除するには下記のコマンドを実行して下さい。

$ droplang pltcl dbname

関連項目

createlang, DROP LANGUAGE