[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropdb

名前

dropdb -- PostgreSQL データベースの削除

概要

dropdb [option...] dbname

説明

dropdb は既存の PostgreSQL データベースを削除します。 このコマンドを実行できるのは、データベースユーパユーザまたはデータベースの所有者のみです。

dropdb は、SQL コマンド DROP DATABASE のラッパです。 このユーティリティとこれ以外の方法でサーバにアクセスして削除する場合との特別な違いはありません。

オプション

dropdb は、下記のコマンドライン引数を受け付けます。

dbname

削除するデータベース名を指定します。

-e
--echo

dropdb が生成し、サーバに送信するコマンドをエコー表示します。

-i
--interactive

削除を行なう前に、確認のためのプロンプトを表示します。

-q
--quiet

返答を表示させないようにします。

また dropdb は、以下のコマンドライン引数を接続パラメータとして受けつけます。

-h host
--host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。この値がスラッシュから始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port port

サーバが接続を監視する TCP ポートもしくは Unix ドメインソケットファイルの拡張子を指定します。

-U username
--username username

接続するためのユーザ名を指定します。

-W
--password

強制的にパスワードのプロンプトを表示します。

環境

PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータです。

診断

問題が発生した場合、潜在する問題とエラーメッセージについてはDROP DATABASEpsqlを参照してください。 対象ホストでデータベースサーバが稼働していなければなりません。 また、libpq のフロントエンドライブラリの、あらゆるデフォルトの設定や環境変数が適用されます。

下記のコマンドは、デフォルトのデータベースサーバ上の demo データベースを削除します。

$ dropdb demo
DROP DATABASE

下記のコマンドはホスト名 eden、ポート番号 5000 で動作しているサーバから demo データベースを削除します。その際、削除の確認、および、バックエンドに送られるコマンドの表示を行います。

$ dropdb -p 5000 -h eden -i -e demo
Database "demo" will be permanently deleted.
Are you sure? (y/n) y
DROP DATABASE "demo"
DROP DATABASE

関連項目

createdb, DROP DATABASE