他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropdb

Name

dropdb -- PostgreSQL データベースの削除

Synopsis

dropdb [options...] dbname

説明

dropdb は既存の PostgreSQL データベースを削除します。 このコマンドを実行できるのは、データベースユーパユーザまたはデータベースの所有者のみです。

dropdb は、PostgreSQL の対話的ターミナル psql 経由で実行される SQL コマンド DROP DATABASE のシェルスクリプトラッパーです。したがって、これ以外の方法を使用して削除する場合との特別な違いはありません。このスクリプトから psql が参照できること、ターゲットのホスト上でデータベースサーバが稼働していることが必要です。また、psqllibpq のフロントエンドライブラリの、あらゆるデフォルトの設定や環境変数が適応されます。

オプション

dropdb は、下記のコマンドライン引数を受け付けます。

dbname

削除するデータベース名を指定します。このデータベースは、このシステム内に存在する PostgreSQL データベースでなければなりません。

-e
--echo

dropdb が生成し、サーバに送信する問い合わせをエコー表示します。

-i
--interactive

削除を行なう前に、確認のためのプロンプトを表示します。

-q
--quiet

返答を表示させないようにします。

また dropdb は、以下のコマンドライン引数を接続パラメータとして受けつけます。

-h host
--host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホスト名がスラッシュから始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port port

サーバが接続を監視するインターネット TCP/IP ポートもしくは Unix ドメインソケットファイルの拡張子を指定します。

-U username
--username username

接続するためのユーザ名を指定します。

-W
--password

強制的にパスワードのプロンプトを表示します。

診断

DROP DATABASE

データベースの削除に成功した場合に表示されます。

dropdb: Database removal failed.

何らかのものが正常に動作しなかった場合に表示されます。

エラー条件があれば、バックエンドのエラーメッセージが表示されます。この場合に表示されるメッセージについては、DROP DATABASEpsql を参照して下さい。

環境

PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータです。

下記のコマンドは、デフォルトのデータベースサーバ上の demo データベースを削除します。

$ dropdb demo
DROP DATABASE

下記のコマンドはホスト名 eden、ポート番号 5000 で動作しているサーバから demo データベースを削除します。その際、削除の確認、および、バックエンドに送られる問い合わせの表示を行います。

$ dropdb -p 5000 -h eden -i -e demo
Database "demo" will be permanently deleted.
Are you sure?(y/n) y
DROP DATABASE "demo"
DROP DATABASE

関連項目

createdb, DROP DATABASE