他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

createdb

Name

createdb -- 新しい PostgreSQL データベースの作成

Synopsis

createdb [options...] [dbname] [description]

説明

createdb は、新しい PostgreSQL データベースを作成します。

通常、このコマンドを実行するデータベースユーザが、新しいデータベースの所有者になります。 ただし、-O オプションを使用して別のユーザを所有者に指定することができます (コマンドを実行するユーザが適切な権限を持っている場合)。

createdbPostgreSQL の対話的ターミナル psql 経由で実行される SQL コマンド CREATE DATABASE のシェルスクリプトラッパーです。したがって、これ以外の方法でデータベースを作成しても何も違いはありません。このスクリプトから psql プログラムが参照できること、データベースサーバがターゲットのポートで稼働していることが必要です。 また、psql および libpq フロントエンドライブラリの、すべてのデフォルト設定と環境変数が適用されます。

オプション

createdb では、下記のコマンドライン引数を指定できます。

dbname

作成するデータベースの名前を指定します。この名前はシステム内の全ての PostgreSQL データベースの中で一意でなければなりません。 デフォルトでは、現在のシステムユーザと同じ名前でデータベースを作成します。

description

オプションで、新しく作成されるデータベースに関連付けるコメントを指定します。

-D location
--location location

データベースの代替の場所を指定します。 initlocation も参照して下さい。

-e
--echo

createdb が生成し、サーバに送信した問い合わせをエコー表示します。

-E encoding
--encoding encoding

このデータベース内で使用する文字エンコード方式を指定します。

-O owner
--owner owner

新しいデータベースの所有者となるデータベースユーザを指定します。

-q
--quiet

返答を表示させないようにします。

-T template
--template template

このデータベースの構築に使用するテンプレートを指定します。

オプション -D-E-O、および -T は、それぞれ根底にある SQL コマンド CREATE DATABASE に対応しています。詳細はそちらを参照して下さい。

また createdb は、以下のコマンドライン引数を接続パラメータとして受けつけます。

-h host
--host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホスト名がスラッシュから始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使用されます。

-p port
--port port

サーバが接続を監視するインターネット TCP/IP ポートもしくは Unix ドメインソケットのファイル拡張子を指定します。

-U username
--username username

接続するためのユーザ名を指定します。

-W
--password

強制的にパスワードのプロンプトを表示します。

診断

CREATE DATABASE

データベースの作成に成功した場合に表示されます。

createdb:Database creation failed.

(データベースの作成に失敗しました。)

createdb: Comment creation failed. (Database was created.)

データベースのコメント / 説明が作成できませんでした。データベース自身は既に作られています。 後でコメントをつけるには SQL コマンド COMMENT ON DATABASE を使うことができます。

エラー条件があれば、バックエンドのエラーメッセージが表示されます。この場合に表示されるメッセージについては、CREATE DATABASEpsql を参照して下さい。

環境

PGDATABASE

設定されている場合は、これが作成するデータベースの名前になります (コマンドラインでオーバーライドされない限り)。

PGHOST
PGPORT
PGUSER

デフォルトの接続パラメータです。 コマンドラインでも PGDATABASE でも指定されていない場合は、PGUSER が作成するデータベースの名前にもなります。

デフォルトのデータベースサーバを使ったデータベース demo を作成します。

$ createdb demo
CREATE DATABASE

この結果は、SQL コマンド CREATE DATABASE を実行した場合の結果と同じです。

ホスト eden 上のポート番号 5000 のサーバを使用し、LATIN1 エンコード方式を使用するデータベース demo を、その背後で実行される問い合わせを表示させながら作成します。

$ createdb -p 5000 -h eden -E LATIN1 -e demo
CREATE DATABASE "demo" WITH ENCODING = 'LATIN1'
CREATE DATABASE

関連項目

dropdb, CREATE DATABASE