他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

createdb

Name

createdb -- 新しい PostgreSQL データベースの作成

Synopsis

createdb [options...] [dbname] [description]

入力

-h, --host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホスト名がスラッシュ (/)で始まる場合、Unix ドメインソケット用のディレクトリとして使われます。

-p, --port port

サーバが接続要求を監視しているインターネットの TCP/IP ポートあるいは、ローカルの Unix ドメイン ソケットファイルの拡張子部分を指定します。

-U, --username username

接続するユーザ名です。

-W, --password

パスワード入力を強制します。

-e, --echo

createdb が作成しサーバに送信する問い合わせを表示します。

-q, --quiet

応答を表示しません。

-D, --location datadir

データベースの代替位置を指定します。initlocation も参照して下さい。

-T, --template template

このデータベースを構築する template データベースを指定します。

-E, --encoding encoding

このデータベースの中で使われる文字エンコードスキーマを指定します。

dbname

作成するデータベースの名前を指定します。その名前はインストレーション内全ての PostgreSQL データベースの中で一意なものでなければなりません。デフォルトでは現在のシステムユーザと同じ名前でデータベースを作ります。

description

これにより新規に作成されるデータベースに関連付けされるコメントを指定することができます。

オプション -h-p-U-W そして -e はそのまま psql に渡されます。オプション -D-T、そして -E は根底にある SQL コマンド CREATE DATABASE のためのオプションに変換されます。詳細はそちらを見て下さい。

出力

CREATE DATABASE

データベースの作成に成功しました。

createdb: Database creation failed.

データベースの作成に失敗しました。

createdb: Comment creation failed. (Database was created.)

データベースのコメント/説明が作成できませんでした。データベース自身は既に作られています。後でコメントをつけるには SQL コマンド COMMENT ON DATABASE を使うことができます。

エラー条件がある場合、バックエンドメッセージが表示されます。可能性は CREATE DATABASEpsql を見て下さい。

説明

createdb は新しい PostgreSQL データベースを作成します。このコマンドを実行するユーザはデータベースの所有者になります。

createdbPostgreSQL の対話的ターミナル psql による SQL コマンド CREATE DATABASE を包む shell スクリプトラッパーです。したがって、この方法もしくは別の方法でデータベースを作成しても何も違いはありません。これはこのスクリプトからpsqlプログラムが参照できなければならないことと、データベースサーバが目的のポートで稼働していなければならないことを意味しています。また、 psql 及び libpq フロントエンドライブラリで適用されるすべてのデフォルト設定と環境変数が利用可能です。

使用方法

デフォルトデータベースサーバを使ったデータベース demo を作成します。

$ createdb demo
CREATE DATABASE

応答は CREATE DATABASE SQL コマンドを実行したときに得られるものと同じです。

ホスト eden のポート番号 5000 上の postmaster で、 LATIN1 エンコードスキーマを使用するデータベース demo を、その背後で実行される問い合わせを表示させながら、作成します。

$ createdb -p 5000 -h eden -E LATIN1 -e demo
CREATE DATABASE "demo" WITH ENCODING = 'LATIN1'
CREATE DATABASE