[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

createlang

Name

createlang -- 新しい PostgreSQL 手続き言語の定義

Synopsis

createlang [connection-options...] langname [dbname]

createlang [connection-options...] --list | -l dbname

入力

createlang は下記のコマンドライン引数を受け入れます。

langname

定義される手続きプログラミング言語の名前を指定します。

-d, --dbname dbname

言語を追加するデータベースを指定します。デフォルトでは、現在のシステムユーザと同じ名前のデータベースが使用されます。

-e, --echo

実行される SQL コマンドを表示します。

-l, --list

目的のデータベース(指定されなければなりません)に既にインストールされている言語のリストを表示します。

--L directory

その言語インタプリタが存在するディレクトリを指定します。通常、そのディレクトリは自動的に検出されます。このオプションは主にデバッグを目的としたものです。

createlang は以下のコマンドライン引数も接続パラメータとして受けつけます。

-h, --host host

サーバが動いているマシンのホスト名を指定します。もしホストがスラッシュで始まる場合、それは Unix ドメインソケットのディレクトリとして使われます。

-p, --port port

サーバが接続を監視しているインターネット TCP/IP ポートもしくはローカル Unix ドメインソケットファイル を指定します。

-U, --username username

接続するユーザ名です。

-W, --password

パスワードプロンプトを強制します。

出力

ほとんどのエラーメッセージは自明です。そうでなければ createlang--echo オプションで実行し、詳細はそれぞれの SQL コマンドで見て下さい。その他の可能性に関しては psql を見てみて下さい。

説明

createlang は、 PostgreSQL データベースに新しいプログラミング言語を追加するユーティリティです。 createlang は 標準の PostgreSQL 配布物に含まれる言語を全て扱うことはできますが、他の団体が提供する言語は扱うことはできません。

バックエンドプログラミング言語は SQL コマンドを使って直接追加することができますが、 createlang はいくつかのチェックを行ないますし、使いかたも簡単ですので、こちらを使うことをお勧めします。さらに詳しくは CREATE LANGUAGE を見て下さい。

注釈

言語を削除するためには droplang を使って下さい。

createlang は、 psql を複数回呼び出すシェルスクリプトです。接続の際にパスワードプロンプトが必要とされるように調整を行なっていた場合、パスワードの入力を複数回促されることになります。

使用方法

下記はpltclをデータベース template1 にインストールする方法です。

$ createlang pltcl template1