他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

dropdb

Name

dropdb -- PostgreSQL データベースの削除

Synopsis

dropdb [options...] dbname

入力

-h, --host host

サーバが稼働しているマシンのホスト名を指定します。ホストがスラッシュから始まる場合は、Unix ドメインソケットのディレクトリとして使用されます。

-p, --port port

postmasterが接続要求を監視しているインターネットTCP/IPポート、または、ローカルな Unix ドメインソケットファイルの拡張子を指定します。

-U, --username username

接続に使用するユーザ名です。

-W, --password

パスワードの入力を強制します。

-e, --echo

dropdbが生成し、サーバに送信する問い合わせを表示します。

-q, --quiet

メッセージを表示しません。

-i, --interactive

全ての削除を行なう前に、確認を促すプロンプトを表示します。

dbname

削除するデータベース名を指定します。削除されるデータベースはそのインストレーション内に存在する PostgreSQLデータベースの1つである必要があります。

-h-p-U-W、及び、 -e オプションは、 psqlにそのまま渡されます。

出力

DROP DATABASE

データベースの削除に成功した場合に表示されます。

dropdb: Database removal failed.

何かが正常に動作しなかった場合に表示されます。

エラー条件があれば、バックエンドのエラーメッセージが表示されます。この場合に表示されるメッセージについては、 DROP DATABASE、とpsqlを参照して下さい。

説明

dropdbは既存の PostgreSQLデータベースを削除します。このコマンドを実行するユーザは、データベーススーパーユーザ、もしくは、そのデータベースの所有者でなければなりません。

dropdbは、PostgreSQL の対話式端末プログラムpsqlを使用して SQLコマンドDROP DATABASEを実行するシェルスクリプトです。従って、この他の方法を使用して削除する場合とでは何も違いはありません。このことは、このスクリプトからpsqlが参照できなければならないことと、対象ホスト上でデータベースサーバが稼働していなければならないことを意味します。また、 psql及びlibpq フロントエンドライブラリで適用される全てのデフォルト設定と環境変数が利用可能です。

使用方法

下記のコマンドは、デフォルトのデータベースサーバ上のdemo データベースを削除します。

$ dropdb demo
DROP DATABASE

下記のコマンドはホスト名eden 、ポート番号5000で動作しているサーバからdemoデータベースを削除します。この時、削除の確認、及び、バックエンドに送られる問い合わせの表示を行うものです。

$ dropdb -p 5000 -h eden -i -e demo
Database "demo" will be permanently deleted.
Are you sure? (y/n) y
DROP DATABASE "demo"
DROP DATABASE