他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP DATABASE

Name

DROP DATABASE  --  データベースの削除

Synopsis

DROP DATABASE name

入力

name

削除する既存のデータベース名です。

出力

DROP DATABASE

コマンドの実行に成功した場合に返されるメッセージです。

DROP DATABASE: cannot be executed on the currently open database

削除しようとするデータベースに接続はできません。代わりに、template1 や他のデータベースに接続してからこのコマンドを再実行して下さい。

DROP DATABASE: may not be called in a transaction block

このコマンドを呼び出す前に、実行中のトランザクションを完了させる必要があります。

説明

DROP DATABASEは、カタログから既存のデータベースの項目を削除し、データを保存していたディレクトリの削除を行ないます。データベースの所有者(通常はデータベースの作成者)のみがこのコマンドを実行することができます。

DROP DATABASE は元に戻すことができません。注意して使用して下さい。

注釈

対象とするデータベースに接続している場合、このコマンドを実行することができません。したがって、このコマンドのラッパーである dropdbシェルスクリプトを使用する方が便利かもしれません。

データベースの作成方法に関する詳細は CREATE DATABASE を参照して下さい。

互換性

SQL92

DROP DATABASE文は PostgreSQLの言語拡張です。 SQL92にはこのようなコマンドはありません。