他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

I. SQL コマンド

ここでは PostgreSQL でサポートされる SQL コマンドのリファレンス情報があります。 "SQL" ごとに、その言語の一般的な目的、標準にしたがった情報、各コマンドの互換性が対応するリファレンスページから判ります。

Table of Contents
ABORT — 現在のトランザクションを中断します。
ALTER GROUP — ユーザをグループに追加します。または、ユーザをグループから削除します。
ALTER TABLE — テーブル定義を変更します。
ALTER USER — データベースユーザアカウントを変更します。
ANALYZE — データベースに関する統計を集計する。
BEGIN — トランザクションブロックを開始します。
CHECKPOINT — 強制的にトランザクションログのチェックポイントを実行します。
CLOSE — カーソルを閉じます。
CLUSTER — インデックスに従ったテーブルのクラスタ化
COMMENT — オブジェクトのコメントを定義、または、変更します
COMMIT — 現在のトランザクションをコミットします。
COPY — ファイルとテーブルの間でデータをコピーします。
CREATE AGGREGATE — 新しい集約関数を定義
CREATE CONSTRAINT TRIGGER — 新しい制約トリガを定義
CREATE DATABASE — 新しいデータベースを作成
CREATE FUNCTION — 新しい関数を定義
CREATE GROUP — 新しいグループを定義
CREATE INDEX — 新しいインデックスを定義
CREATE LANGUAGE — 新しい手続き言語を定義
CREATE OPERATOR — 新しい演算子を定義
CREATE RULE — 新しい書き換えルールを定義
CREATE SEQUENCE — 新しいシーケンス生成器を定義
CREATE TABLE — 新しいテーブルの定義
CREATE TABLE AS — 問い合わせの結果から新しいテーブルを作成
CREATE TRIGGER — 新しいトリガの定義
CREATE TYPE — 新しいデータ型の定義
CREATE USER — 新しいデータベースユーザアカウントの定義
CREATE VIEW — 新しいビューの定義
DECLARE — カーソルの定義
DELETE — テーブルから行を削除
DROP AGGREGATE — ユーザ定義の集約関数の削除
DROP DATABASE — データベースの削除
DROP FUNCTION — ユーザ定義の関数の削除
DROP GROUP — ユーザグループの削除
DROP INDEX — インデックスの削除
DROP LANGUAGE — ユーザ定義の手続き言語の削除
DROP OPERATOR — ユーザ定義演算子の削除
DROP RULE — 書き換えルールの削除
DROP SEQUENCE — シーケンスの削除
DROP TABLE — テーブルの削除
DROP TRIGGER — トリガの削除
DROP TYPE — ユーザ定義のデータ型の削除
DROP USER — データベースユーザアカウントの削除
DROP VIEW — ビューの削除
END — 現在のトランザクションのコミット
EXPLAIN — 問い合わせ文の実行計画の表示
FETCH — カーソルを使用してテーブルから行を取り出す。
GRANT — アクセス権限の定義
INSERT — テーブルに新しい行を作成
LISTEN — 通知の監視
LOAD — 共有ライブラリファイルの読み込み、または、再読み込み
LOCK — テーブルの明示的なロック
MOVE — テーブルの指定された行へカーソルを移動
NOTIFY — 通知の生成
REINDEX — 破損したインデックスの再構築。
RESET — 実行時パラメータの値をデフォルト値に戻す
REVOKE — アクセス権限の取り上げ
ROLLBACK — 現在のトランザクションのアボート
SELECT — テーブルもしくはビューからの行の検索
SELECT INTO — 問い合わせの結果からの新しいテーブルの作成
SET — 実行時パラメータの変更
SET CONSTRAINTS — 現在のトランザクションの制約モードを設定
SET SESSION AUTHORIZATION — セッションのユーザ識別子、現在のセッションの現在のユーザ識別子の設定
SET TRANSACTION — 現在のトランザクションの特性の設定
SHOW — 実行時パラメータの値の表示
TRUNCATE — テーブルの空化
UNLISTEN — 通知の監視の停止
UPDATE — テーブルの行を更新する。
VACUUM — データベースの不要領域の回収。データベースの解析オプションを持つ。