[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE CONSTRAINT TRIGGER

Name

CREATE CONSTRAINT TRIGGER  --  新しい制約トリガを定義

Synopsis

CREATE CONSTRAINT TRIGGER name
    AFTER events ON
    relation constraint attributes
    FOR EACH ROW EXECUTE PROCEDURE func '(' args ')'

入力

name

制約トリガの名前です。

events

このトリガが実行されるイベントの種類です。

relation

トリガをかけるテーブル名です。

constraint

制約の実仕様です。

attributes

制約属性です。

func(args)

トリガの処理部分として呼び出される関数です。

出力

CREATE CONSTRAINT

成功すると返されるメッセージです。

説明

CREATE CONSTRAINT TRIGGERは、CREATE/ALTER TABLEの中で、またはpg_dumpによって使用され、参照整合性用の特殊なトリガを作成します。

一般的な使用を意図したものではありません。