[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE CONSTRAINT TRIGGER

名前

CREATE CONSTRAINT TRIGGER -- 新しい制約トリガを定義する

概要

CREATE CONSTRAINT TRIGGER name
    AFTER events ON
    tablename constraint attributes
    FOR EACH ROW EXECUTE PROCEDURE funcname ( args )

説明

CREATE CONSTRAINT TRIGGERは、CREATE TABLE/ALTER TABLEの中、またはpg_dumpによって使用され、参照整合性用の特殊なトリガを作成します。 一般的な使用を意図したものではありません。

パラメータ

name

制約トリガの名前です。

events

このトリガが実行されるイベントの種類です。

tablename

トリガイベントが発生するテーブルの名前です(スキーマ修飾名も可)。

constraint

制約の実仕様です。

attributes

制約属性です。

funcname(args)

トリガの処理部分として呼び出される関数です。