他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP OPERATOR

Name

DROP OPERATOR  --  ユーザ定義演算子の削除

Synopsis

DROP OPERATOR id ( lefttype | NONE , righttype | NONE )

入力

id

既存の演算子の識別子です。

lefttype

演算子の左側の引数のデータ型です。左に引数がない場合には NONEと記述して下さい。

righttype

演算子の右側の引数のデータ型です。右に引数がない場合には NONEと記述して下さい。

出力

DROP

コマンドの実行が成功した場合に返されるメッセージです。

ERROR: RemoveOperator: binary operator 'oper' taking 'lefttype' and 'righttype' does not exist

指定した二項演算子が存在しなかった場合に返されるメッセージです。

ERROR: RemoveOperator: left unary operator 'oper' taking 'lefttype' does not exist

指定した左単項演算子が存在しなかった場合に返されるメッセージです。

ERROR: RemoveOperator: right unary operator 'oper' taking 'righttype' does not exist

指定した右単項演算子が存在しなかった場合に返されるメッセージです。

説明

DROP OPERATORはデータベースから既存の演算子を削除します。このコマンドを実行するには、演算子の所有者でなければなりません。

左/右単項演算子の左/右の型には、それぞれNONEと指定する必要があります。

注釈

DROP OPERATOR文は PostgreSQLの言語拡張です。

演算子の作成方法に関する情報については CREATE OPERATOR を参照して下さい。

アクセスメソッドの削除、及び、削除された演算子に依存する演算子クラスの削除はユーザの責任で行なって下さい。

使用方法

int4用のa^nという巾乗演算子を削除します。

DROP OPERATOR ^ (int4, int4);

bool型の左単項否定演算子(! b)を削除します。

DROP OPERATOR ! (none, bool);

int4型の右単項階乗演算子(! i)を削除します。

DROP OPERATOR ! (int4, none);

互換性

SQL92

SQL92DROP OPERATORはありません。