他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP LANGUAGE

Name

DROP LANGUAGE  --  ユーザ定義の手続き言語の削除

Synopsis

DROP [ PROCEDURAL ] LANGUAGE name

入力

name

既存の手続き言語の名前です。後方互換のため、この名前を単一引用符で括る必要があります。

出力

DROP

言語の削除に成功した場合に返されるメッセージです。

ERROR: Language "name" doesn't exist

name という言語がデータベース内に存在しなかった場合に表示されるメッセージです。

説明

DROP PROCEDURAL LANGUAGEname という名前で登録されていた手続き言語の定義を削除します。

注釈

DROP PROCEDURAL LANGUAGE 文は PostgreSQL の言語拡張です。

手続き言語の作成方法に関する情報については CREATE LANGUAGE を参照して下さい。

削除しようとする言語を使って書かれた、関数やトリガプロシージャが登録されているかかどうかについての検査は行なわれません。それらの関数の削除/再作成をせずに、再度使用可能にするには、その関数のpg_procのprolang属性を、再作成したPLの pg_language項目の新しいオブジェクトIDの値に合わせる必要があります。

使用方法

下記のコマンドはPL/Sample言語を削除します。

DROP LANGUAGE plsample;

互換性

SQL92

SQL92には、 DROP PROCEDURAL LANGUAGEはありません。