他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP TYPE

Name

DROP TYPE  --  ユーザ定義のデータ型の削除

Synopsis

DROP TYPE typename [, ...]

入力

typename

既存の型の名前です。

出力

DROP

コマンドが正常に実行された場合に返されるメッセージです。

ERROR: RemoveType: type 'typename' does not exist

指定した型が存在しなかった場合に表示されるメッセージです。

説明

DROP TYPEはシステムカタログからユーザ定義型を削除します。

Only the owner of a type can remove it.

注釈

下記のコマンドはbox型を削除します。

DROP TYPE box;

互換性

DROP TYPE 文は SQL99 に存在します。他のほとんどの"削除(drop)" コマンドと同様に、SQL99 における DROP TYPE では、依存関係のある全てのオブジェクトを削除するか、依存関係のあるオブジェクトが存在した場合は削除拒否するかを選択するための "削除方式" を示す句が必須です。

DROP TYPE name { CASCADE | RESTRICT }

現在の PostgreSQL では依存関係を全く無視します。

CREATE TYPE コマンドと PostgreSQL のデータ型拡張機構は SQL99 とは異なる点に注意して下さい。

関連項目

CREATE TYPE