他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

UNLISTEN

名前

UNLISTEN -- 通知の監視の停止

概要

UNLISTEN { name | * }

説明

UNLISTENを使用して、既存のNOTIFYイベントの登録を削除します。 UNLISTENは現在のPostgreSQLセッションにある、name通知条件用のリスナ登録を全て取り消します。 ワイルドカード*は特別な条件を示すもので、現在のセッションにある全てのリスナ登録を取り消します。

NOTIFYには、LISTENNOTIFYについてのより広範な説明があります。

パラメータ

name

通知名です。(任意の識別子です。)

*

このセッションにおける、全ての監視登録をクリアします。

注釈

監視を全く行っていない状態でもこのコマンドを実行できます。警告やエラーは表示されません。

セッション終了時に、自動的にUNLISTEN *が実行されます。

登録を行います。

LISTEN virtual;
NOTIFY virtual;
Asynchronous notification "virtual" received from server process with PID 8448.

UNLISTENが実行されると、その後のNOTIFYコマンドは無視されます。

UNLISTEN virtual;
NOTIFY virtual;
-- NOTIFY イベントを受け取りません。

互換性

標準SQLには UNLISTEN コマンドはありません。

関連項目

LISTEN, NOTIFY