[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

TRUNCATE

名前

TRUNCATE -- テーブルの空化

概要

TRUNCATE [ TABLE ] name

説明

TRUNCATEはテーブルから全ての行を素早く削除します。 これは、条件指定の無いDELETEコマンドと同様の機能ですが、実際にはテーブルを走査しないので、このコマンドの方が高速です。 大きなテーブルの場合、このコマンドは最も効率的です。

パラメータ

name

空にするテーブルの名前です (スキーマ修飾名でも可)。

注釈

テーブルの所有者のみがTRUNCATEを行うことができます。

他のテーブルからそのテーブルへの外部キー参照がある場合、TRUNCATEを使用することはできません。 そのような場合の有効性検査は、テーブルスキャンが必要であり、検査を行うことが問題ではありません。

TRUNCATEはそのテーブルに存在するユーザ定義のON DELETEトリガを全く実行しません。

bigtableテーブルを空にします。

TRUNCATE TABLE bigtable;

互換性

標準SQLにはTRUNCATEコマンドはありません。