[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

H.2. 拡張

PostgreSQLは元々拡張可能となるように設計されました。 このため、データベースに読み込まれる拡張は、データベースに組み込まれた機能と同様に働きます。 ソースコードに同梱されているcontribディレクトリには多くの拡張が含まれています。 このディレクトリ内のREADMEに要約が記載されています。 変換ツール、フルテキストインデックス付け、XMLツール、追加のデータ型、追加のインデックスメソッドが含まれています。 他にもPostGISなど独立して開発されています。 PostgreSQLのリプリケーションソリューションですら外部で開発されています。 例えば、人気のマスタ/スレーブリプリケーションツールであるSlony-Iはコアプロジェクトと独立して開発されています。

PostgreSQLで使用できる管理ツールが複数あります。 最も人気のあるのはpgAdminですが、複数の商用版もあります。