[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

MOVE

名前

MOVE -- カーソルの位置を決める

概要

MOVE [ direction { FROM | IN } ] cursorname

説明

MOVEはデータを取り出すことなくカーソルの位置を変更します。 MOVEFETCHコマンドとまったく同じように動作しますが、カーソルの位置を変えるだけで行を返しません。

構文と使用方法についての詳細はFETCHを参照してください。

出力

正常に終了すると、MOVEは以下の形式のコマンドタグを返します。

MOVE count

countは同じパラメータを与えたFETCHコマンドが返すはずの行数です (この値は0の場合もあります)。

BEGIN WORK;
DECLARE liahona CURSOR FOR SELECT * FROM films;

-- 最初の5行を飛ばします。
MOVE FORWARD 5 IN liahona;
MOVE 5

-- liahonaカーソル内の6行目を抽出します。
FETCH 1 FROM liahona;
 code  | title  | did | date_prod  |  kind  |  len
-------+--------+-----+------------+--------+-------
 P_303 | 48 Hrs | 103 | 1982-10-22 | Action | 01:37
(1 row)

-- liahonaカーソルを閉じ、トランザクションを終了します。
CLOSE liahona;
COMMIT WORK;

互換性

標準SQLにはMOVE文はありません。

関連項目

CLOSE, DECLARE, FETCH