他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 31章ECPG - C言語による埋め込みSQL

目次
31.1. 概念
31.2. データベースサーバへの接続
31.3. 接続を閉じる
31.4. SQLコマンドの実行
31.5. 接続の選択
31.6. ホスト変数の使用
31.6.1. 概要
31.6.2. 宣言セクション
31.6.3. 様々なホスト変数の型
31.6.4. SELECT INTOFETCH INTO
31.6.5. 指示子
31.7. 動的SQL
31.8. pgtypesライブラリ
31.8.1. 数値型
31.8.2. データ型
31.8.3. タイムスタンプ型
31.8.4. 時間間隔型
31.8.5. 10進数型
31.8.6. pgtypeslibのerrno値
31.8.7. pgtypeslibの特別な定数
31.9. Informix互換モード
31.9.1. 追加の埋め込みSQL文
31.9.2. 追加関数
31.9.3. 追加の定数
31.10. SQL記述子領域の使用
31.11. エラーの扱い
31.11.1. コールバックの設定
31.11.2. sqlca
31.11.3. SQLSTATESQLCODE
31.12. プリプロセッサ指示子
31.12.1. ファイルのインクルード
31.12.2. #define および#undef指示子
31.12.3. ifdef、ifndef、else、elif、endif指示子
31.13. 埋め込みSQLプログラムの処理
31.14. ライブラリ関数
31.15. 内部

本章では、PostgreSQLの埋め込みSQLパッケージについて説明します。 このパッケージはCC++言語で作成されました。 作者はLinus Tolke()とMichael Meskes()です。 元々これはCで動作するように作成されました。 C++でも動作しますが、C++の構文全てはまだ認識できません。

本書は完全なものではありません。 しかし、このインタフェースは標準化されており、SQLに関するその他の資料でも情報を入手することもできます。