他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

39.6. PL/Perlトリガ

PL/Perlを使用してトリガ関数を作成する意ことができます。 トリガ関数では、$_TDというハッシュへの参照に、現在のトリガイベントに関する情報が含まれています。 $_TDは大域変数であり、各トリガ呼び出しに対して局所的な値を別々に取り出します。 以下に$_TDというハッシュへの参照のフィールドを示します。

$_TD->{new}{foo}

NEWfoo列値。

$_TD->{old}{foo}

OLDfoo列値。

$_TD->{name}

呼び出されたトリガの名前。

$_TD->{event}

トリガイベント。 INSERTUPDATEDELETE、もしくはUNKNOWN

$_TD->{when}

トリガがいつ呼び出されたか。 BEFOREAFTER、もしくはUNKNOWN

$_TD->{level}

トリガレベル。 ROWSTATEMENT、もしくはUNKNOWN

$_TD->{relid}

トリガの発行元テーブルのOID。

$_TD->{table_name}

トリガの発行元テーブルの名前。

$_TD->{relname}

トリガの発行元テーブルの名前。 これは廃止予定で、将来のリリースで削除される可能性があります。 代わりに$_TD->{table_name}を使用してください。

$_TD->{table_schema}

トリガの発行元テーブルが存在するスキーマの名前。

$_TD->{argc}

トリガ関数の引数の数。

@{$_TD->{args}}

トリガ関数の引数。 $_TD->{argc}が0の場合は存在しません。

トリガは以下のいずれかを返すことができます。

return;

文を実行します。

"SKIP"

文を実行しません。

"MODIFY"

トリガ関数によってNEW行が変更されたことを示します。

以下はトリガ関数の例で、ここまでの説明の一部を例証するものです。

CREATE TABLE test (
    i int,
    v varchar
);

CREATE OR REPLACE FUNCTION valid_id() RETURNS trigger AS $$
    if (($_TD->{new}{i} >= 100) || ($_TD->{new}{i} <= 0)) {
        return "SKIP";    # INSERT/UPDATEコマンドを取消します。
    } elsif ($_TD->{new}{v} ne "immortal") {
        $_TD->{new}{v} .= "(modified by trigger)";
        return "MODIFY";  # 行を変更し、INSERT/UPDATEコマンドを実行します。
    } else {
        return;           # INSERT/UPDATEコマンドを実行します。
    }
$$ LANGUAGE plperl;

CREATE TRIGGER test_valid_id_trig
    BEFORE INSERT OR UPDATE ON test
    FOR EACH ROW EXECUTE PROCEDURE valid_id();