他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 17章サーバの構成

目次
17.1. パラメータの設定
17.2. ファイルの場所
17.3. 接続と認証
17.3.1. 接続設定
17.3.2. セキュリティと認証
17.4. 資源の消費
17.4.1. メモリ
17.4.2. 開放領域マップ
17.4.3. カーネル資源使用
17.4.4. コストに基づくVacuum遅延
17.4.5. バックグラウンドライタ
17.5. ログ先行書き込み(WAL)
17.5.1. 設定
17.5.2. Checkpoints
17.5.3. 格納
17.6. 問い合わせ計画
17.6.1. プランナ方針構成
17.6.2. プランナコスト定数
17.6.3. 遺伝的問い合わせオプティマイザ
17.6.4. その他のプランナオプション
17.7. エラー報告とログ取得
17.7.1. ログの出力先
17.7.2. いつログを取得するか
17.7.3. 何をログに
17.8. 実行時統計情報
17.8.1. 問い合わせおよびインデックスに関する統計情報コレクタ
17.8.2. 統計情報の監視
17.9. 自動Vacuum
17.10. クライアント接続デフォルト
17.10.1. 命令文の振る舞い
17.10.2. ロケールと書式設定
17.10.3. その他のデフォルト
17.11. ロック管理
17.12. バージョンとプラットフォーム互換性
17.12.1. 以前のPostgreSQLバージョン
17.12.2. プラットホームとクライアント互換性
17.13. 設定済みのオプション
17.14. 独自のオプション
17.15. 開発者向けのオプション
17.16. 短いオプション

データベースシステムの振舞いに影響を与える数多くのパラメータが存在します。この章の最初の節で、どの様に構成パラメータを設定するかについて説明します。引き続く節で、それぞれのパラメータの詳細を説明します。