他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

41.1. インタフェース関数

目次
SPI_connect -- SPIマネージャにプロシージャを接続する
SPI_finish -- プロシージャをSPIマネージャから切断する
SPI_push -- 再帰的にSPIを使用できるようにSPIスタックをプッシュする
SPI_pop -- 再帰的なSPIの使用から復帰できるようにSPIスタックをポップする
SPI_execute -- コマンドを実行する
SPI_exec -- 読み書きコマンドを実行する
SPI_prepare -- コマンドの計画を準備する。コマンドの実行はまだ行わない
SPI_getargcount -- SPI_prepareにより準備された計画に必要とされる引数の数を返す
SPI_getargtypeid -- SPI_prepareで準備された計画で指定される引数のデータ型のOIDを返す
SPI_is_cursor_plan -- SPI_prepareで準備された計画がSPI_cursor_openで使用できる場合にtrueを返す
SPI_execute_plan -- SPI_prepareで準備された計画を実行する
SPI_execp -- 読み書きモードで計画を実行する
SPI_cursor_open -- SPI_prepareで作成された計画を使用したカーソルを設定する
SPI_cursor_find -- 既存のカーソルを名前で検索する
SPI_cursor_fetch -- カーソルから数行を取り出す
SPI_cursor_move -- カーソルを移動する
SPI_cursor_close -- カーソルを閉じる
SPI_saveplan -- 計画を保存する