他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

付録 F. 追加で提供されるモジュール

目次
F.1. adminpack
F.2. btree_gist
F.3. chkpass
F.4. cube
F.5. dblink
F.6. dict_int
F.7. dict_xsyn
F.8. earthdistance
F.9. fuzzystrmatch
F.10. hstore
F.11. intagg
F.12. intarray
F.13. isn
F.14. lo
F.15. ltree
F.16. oid2name
F.17. pageinspect
F.18. pgbench
F.19. pg_buffercache
F.20. pgcrypto
F.21. pg_freespacemap
F.22. pgrowlocks
F.23. pg_standby
F.24. pgstattuple
F.25. pg_trgm
F.26. seg
F.27. spi
F.28. SSLの情報
F.29. tablefunc
F.30. test_parser
F.31. tsearch2
F.32. uuid-ossp
F.33. vacuumlo
F.34. xml2

この付録にはPostgreSQL配布物のcontribディレクトリにあるモジュールに関する情報を記載します。 ここには、移植用のツール、解析ユーティリティ、限定した利用者を対象にしていること、または、主ソースツリーに含めるには実験的すぎることが主な理由でPostgreSQLのコアシステムにはないプラグイン機能が含まれます。 これはその有用性を妨げるものではありません。

ソース配布から構築する場合、これらのモジュールは自動的に構築されません。 以下をconfigureを実行した後のソースツリー内のcontribディレクトリで実行することで、これらすべてを構築しインストールすることができます。

gmake
gmake install

選択した1つのモジュールのみを構築しインストールするには、そのモジュールのディレクトリで同じコマンドを行ってください。 多くのモジュールには、PostgreSQLサーバを実行している場合に以下のように実行することができるリグレッション試験があります。

gmake installcheck

gmake checkはサポートされていないことに注意してください。 試験を行うためには運用状態のデータベースサーバが必要です。 また、試験対象のモジュールを構築しインストールしなければなりません。)

PostgreSQLのパッケージ化されたバージョンを使用している場合は通常、例えばpostgresql-contribのような別途副パッケージとしてこれらのモジュールが利用可能です。

多くのモジュールは新しいユーザ定義関数、演算子、型を提供します。 こうしたモジュールの1つを使用できるようにするためには、コードをインストールした後に、モジュールにより提供される.sqlファイル内のSQLコマンドを実行して、新しいオブジェクトをデータベースサーバに登録する必要があります。 以下に例を示します。

psql -d dbname -f SHAREDIR/contrib/module.sql

ここでSHAREDIRはインストレーションの"共有"ディレクトリ(pg_config --sharedirで報告されます)を意味します。 ほとんどの場合このスクリプトは、データベーススーパーユーザが実行しなければなりません。

そのモジュールの機能を利用したいデータベース毎に.sqlファイルを実行しなければなりません。 そのモジュールが今後作成されるデータベースにデフォルトでコピーされるようにtemplate1データベースに対して実行する方法もあります。

データベース内のどのスキーマにモジュールのオブジェクトを作成するかを決定するために、.sqlファイルの最初のコマンドを変更することができます。 デフォルトでは、publicに格納されます。

PostgreSQLのマイナーバージョンの更新を行った後、モジュールのオブジェクトは、ダンプとリストアにより古いインストレーションから転送されるかもしれていたとしても、インストールスクリプトを再実行してください。 これにより、新しい関数が利用可能であること、および、必要な修正が適用されたことを確実にします。