他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

D.2. サポートされていない機能

以下のSQL:2008で定義されている機能は本リリースのPostgreSQLでは実装されていません。 たまに同等の機能が実装されていることがあります。

識別子パッケージ説明コメント
B011 埋め込みAda 
B013 埋め込みCOBOL 
B014 埋め込みFortran 
B015 埋め込みMUMPS 
B016 埋め込みPascal 
B017 埋め込みPL/I 
B031 基本動的SQL 
B032 拡張動的SQL 
B032-01 <describe input statement> 
B033 型のないSQLから呼び出す関数の引数 
B034 カーソル属性の動的指定 
B035 非拡張記述子名 
B041 埋め込みSQL例外宣言への拡張 
B051 高度な実行権 
B111 モジュール言語 Ada 
B112 モジュール言語 C 
B113 モジュール言語 COBOL 
B114 モジュール言語 Fortran 
B115 モジュール言語 MUMPS 
B116 モジュール言語 Pascal 
B117 モジュール言語 PL/I 
B121 ルーチン言語 Ada 
B122 ルーチン言語 C 
B123 ルーチン言語 COBOL 
B124 ルーチン言語 Fortran 
B125 ルーチン言語 MUMPS 
B126 ルーチン言語 Pascal 
B127 ルーチン言語 PL/I 
B128 ルーチン言語 SQL 
E081コア基本権限 
E081-09コアUSAGE権限 
E153コア副問い合わせを持つ更新 
E182コアモジュール言語 
F121 基本診断管理 
F121-01 GET DIAGNOSTICS 文 
F121-02 SET TRANSACTION 文: DIAGNOSTICS SIZE句 
F122 高度診断管理 
F123 すべての診断 
F181コア複数モジュールサポート 
F202 TRUNCATE TABLE: identity column restartオプション 
F262 拡張CASE式 
F263 単純CASE式におけるカンマ区切り述部 
F291 UNIQUE述部 
F301 問い合わせ式内のCORRESPONDING 
F311コアスキーマ定義文 
F311-04コアCREATE VIEW: WITH CHECK OPTION 
F312 MERGE文 
F313 高度MERGE文 
F341 使用方法テーブル 
F394 標準フォーム指定(省略可能) 
F403 部分結合されたテーブル 
F451 文字セット定義 
F461 名前付き文字セット 
F521拡張整合性管理表明 
F641 行、テーブルコンストラクタ 
F671拡張整合性管理CHECK内の副問い合わせ意図的な省略
F690 照合サポート 
F692 高度照合サポート 
F693 SQLセッション、クライアントモジュールの照合 
F695 翻訳サポート 
F696 追加用翻訳ドキュメント 
F721 遅延可能制約外部キーのみ
F741 参照MATCH型部分一致は未実装
F751 高度なビューのCHECK 
F812コア基本フラギング 
F813 拡張フラギング 
F821 ローカルなテーブル参照 
F831 完全なカーソル更新 
F831-01 更新可能、スクロール可能なカーソル 
F831-02 更新可能、順序付きカーソル 
F841 LIKE_REGEX述語 
F842 OCCURENCES_REGEX関数 
F843 POSITION_REGEX関数 
F844 SUBSTRING_REGEX関数 
F845 TRANSLATE_REGEX関数 
F846 正規表現演算子における8進形式サポート 
F847 非固定正規表現 
S011コアDistinctデータ型 
S011-01コアUSER_DEFINED_TYPESビュー 
S023基本オブジェクトサポート基本構造化型 
S024拡張オブジェクトサポート拡張構造化型 
S025 最終構造化型 
S026 自己参照構造化型 
S027 メソッド名を指定したメソッドの作成 
S028 交換可能UDTオプションリスト 
S041基本オブジェクトサポート基本参照型 
S043拡張オブジェクトサポート拡張参照型 
S051基本オブジェクトサポート型のテーブルの作成 
S081拡張オブジェクトサポート副テーブル 
S091 基本配列サポート一部サポート
S091-01 組み込みデータ型の配列 
S091-02 個々の型の配列 
S091-03 配列式 
S094 参照型の配列 
S097 配列要素の代入 
S098 ARRAY_AGGORDER BY句をサポートしません
S151基本オブジェクトサポート型述部 
S161拡張オブジェクトサポート副型の扱い 
S162 参照用の副型の取り扱い 
S201 配列についてのSQLから呼び出すルーチン 
S201-01 配列パラメータ 
S201-02 関数の結果型としての配列 
S202 複数セットについてのSQLから呼び出すルーチン 
S231拡張オブジェクトサポート構造化型のロケータ 
S232 配列のロケータ 
S233 複数セットのロケータ 
S241 変形関数 
S242 変形文の変更 
S251 ユーザ定義の順序 
S261 特定の型メソッド 
S271 基本複数セットサポート 
S272 ユーザ定義型の複数セット 
S274 参照型の複数セット 
S275 高度複数セットサポート 
S281 入れ子の照合型 
S291 行全体に対する一意性制約 
S301 高度UNNEST 
S401 配列型に基づく個別型 
S402 個別型に基づく個別型 
S403 MAX_CARDINALITY 
S404 TRIM_ARRAY 
T011 情報スキーマ内のタイムスタンプ 
T021 BINARYおよびVARBINARYデータ型 
T022 BINARYおよびVARBINARYデータ型の高度サポート 
T023 コンパウンドバイナリリテラル 
T024 バイナリリテラルにおける空白 
T041基本オブジェクトサポート基本LOBデータ型サポート 
T041-01基本オブジェクトサポートBLOB データ型 
T041-02基本オブジェクトサポートCLOB データ型 
T041-03基本オブジェクトサポートLOBデータ型用のPOSITION、LENGTH、LOWER、TRIM、UPPER、SUBSTRING 関数 
T041-04基本オブジェクトサポートLOBデータ型の連結 
T041-05基本オブジェクトサポートLOBロケータ: 保持不可能 
T042 拡張LOBデータ型サポート 
T043 Multiplier T 
T044 Multiplier P 
T051 行型 
T052 行型用のMAXとMIN 
T053 全てのフィールドを参照するための明示的な別名 
T061 UCSサポート 
T101 高度なnullabilityの決定 
T111 更新可能な結合、和集合、列 
T174 列の識別 
T175 生成される列 
T176 連番生成サポート 
T177 連番生成サポート(簡単なリスタートオプション) 
T178 Identity列(簡単なリスタートオプション) 
T211動的データベース, 拡張整合性管理基本トリガ機能 
T211-05動的データベース, 拡張整合性管理トリガ呼び出し前に真になる検索条件の指定機能 
T211-06動的データベース, 拡張整合性管理トリガと制約間の相互作用についての実行時規則のサポート 
T211-08動的データベース, 拡張整合性管理同一イベントに対する複数のトリガは、カタログ内で作成された順番で実行される意図的な省略
T213 INSTEAD OFトリガ 
T251 SET TRANSACTION文: LOCALオプション 
T261 連鎖トランザクション 
T272 高度セーブポイント管理 
T285 高度継承された列名 
T301 機能の依存性 
T321コア基本SQL呼び出しルーチン 
T321-02コアオーバーロードがないユーザ定義ストアドプロシージャ 
T321-04コアCALL 文 
T321-05コアRETURN 文 
T324 SQLルーチンに対する明示的なセキュリティ 
T325 修飾付きSQLパラメータ参照 
T326 テーブル関数 
T331 基本ロール 
T332 拡張ロール 
T431OLAP拡張グループ化機能 
T432 入れ子、連結されたGROUPING SETS 
T433 複数引数のGROUPING関数 
T434 GROUP BY DISTINCT 
T471 結果集合戻り値 
T491 LATERAL派生テーブル 
T511 トランザクションカウント 
T541 更新可能なテーブル参照 
T561 保持可能なロケータ 
T571 配列を返すSQLが呼び出す外部関数 
T572 複数セットを返す、SQLから呼び出す外部関数 
T601 ローカルなカーソル参照 
T611OLAP基本OLAP操作ほとんどの構文をサポート
T612 高度OLAP操作ほとんどの構文をサポート
T613 サンプリング 
T616 LEADおよびLAG関数用のNull処理オプション 
T618 NTH_VALUE関数関数自体はありますが、一部のオプションがありません
T631Coreリスト要素内のIN述部 
T641 複数列の代入構文の一部のみサポート
T651 SQLルーチン内のSQLスキーマ文 
T652 SQLルーチン内のSQL動的文 
T653 外部ルーチン内のSQLスキーマ文 
T654 外部ルーチン内のSQL動的文 
T655 周期に依存するルーチン 
M001 データリンク 
M002 SQL/CLI経由のデータリンク 
M003 埋め込みSQL経由のデータリンク 
M004 外部データサポート 
M005 外部スキーマサポート 
M006 GetSQLString処理 
M007 TransmitRequest 
M009 GetOptsおよびGetStatistics処理 
M010 外部データラッパサポート 
M011 Ada経由のデータリンク 
M012 C経由のデータリンク 
M013 COBOL経由のデータリンク 
M014 Fortran経由のデータリンク 
M015 M経由のデータリンク 
M016 Pascal経由のデータリンク 
M017 PL/I経由のデータリンク 
M018 Adaにおける外部データラッパインタフェース処理 
M019 Cにおける外部データラッパインタフェース処理 
M020 COBOLにおける外部データラッパインタフェース処理 
M021 Fortranにおける外部データラッパインタフェース処理 
M022 MUMPSにおける外部データラッパインタフェース処理 
M023 Pascalにおける外部データラッパインタフェース処理 
M024 PL/Iにおける外部データラッパインタフェース処理 
M030 SQLサーバ外部データサポート 
M031 外部データラッパ汎用処理 
X012 XML型の集合 
X013 XML型の固有型 
X014 XML型の属性 
X015 XML型のフィールド 
X025 XMLCast 
X030 XMLDocument 
X035 XMLAgg: ORDER BYオプション 
X038 XMLText 
X040 基本テーブルマッピング 
X065 XMLParse: BLOB入力およびCONTENTオプション 
X066 XMLParse: BLOB入力およびDOCUMENTオプション 
X068 XMLSerialize: BOM 
X069 XMLSerialize: INDENT 
X073 XMLSerialize: BLOBシリアライゼーションおよびCONTENTオプション 
X074 XMLSerialize: BLOBシリアライゼーションおよびDOCUMENTオプション 
X075 XMLSerialize: BLOBシリアライゼーション 
X076 XMLSerialize: VERSION 
X077 XMLSerialize: 明示的ENCODINGオプション 
X078 XMLSerialize: 明示的XML宣言 
X080 XML公開におけるネームスペース 
X081 問い合わせレベルのXMLネームスペース宣言 
X082 DMLにおけるXMLネームスペース宣言 
X083 DDLにおけるXMLネームスペース宣言 
X084 複合文におけるXMLネームスペース宣言 
X085 事前定義のネームスペース接頭辞 
X086 XMLTableにおけるXMLネームスペース宣言 
X091 XMLコンテキスト述語 
X096 XMLExists 
X100 XML用のホスト言語サポート: CONTENTオプション 
X101 XML用のホスト言語サポート: DOCUMENTオプション 
X110 XML用のホスト言語サポート: VARCHARマッピング 
X111 XML用のホスト言語サポート: CLOBマッピング 
X112 XML用のホスト言語サポート: BLOBマッピング 
X113 XML用のホスト言語サポート: STRIP WHITESPACEオプション 
X114 XML用のホスト言語サポート: PRESERVE WHITESPACEオプション 
X131 問い合わせレベルのXMLBINARY句 
X132 DMLにおけるXMLBINARY句 
X133 DDLにおけるXMLBINARY句 
X134 複合型におけるXMLBINARY句 
X135 副問い合わせにおけるXMLBINARY句 
X141 IS VALID述語: データ駆動ケース 
X142 IS VALID述語: ACCORDING TO句 
X143 IS VALID述語: ELEMENT句 
X144 IS VALID 述語: スキーマ位置 
X145 検査制約外のIS VALID 述語 
X151 DOCUMENTオプション付きIS VALID 述語 
X152 CONTENTオプション付きIS VALID 述語 
X153 SEQUENCEオプション付きIS VALID 述語 
X155 IS VALID 述語: ELEMENT句のないNAMESPACE 
X157 IS VALID 述語: ELEMENT句付きのNO NAMESPACE 
X160 登録XMLスキーマに対する基本情報スキーマ 
X161 登録XMLスキーマに対する高度情報スキーマ 
X170 XMLにおけるnull取り扱いオプション 
X171 NIL ON NO CONTENTオプション 
X181 XML(DOCUMENT(UNTYPED))型 
X182 XML(DOCUMENT(ANY))型 
X190 XML(SEQUENCE)型 
X191 XML(DOCUMENT(XMLSCHEMA))型 
X192 XML(CONTENT(XMLSCHEMA))型 
X200 XMLQuery 
X201 XMLQuery: RETURNING CONTENT 
X202 XMLQuery: RETURNING SEQUENCE 
X203 XMLQuery: コンテキスト項目を渡す 
X204 XMLQuery: XQuery変数の初期化 
X205 XMLQuery: EMPTY ON EMPTYオプション 
X206 XMLQuery: NULL ON EMPTYオプション 
X211 XML 1.1サポート 
X221 値によるXMLを渡す機構 
X222 参照によるXMLを渡す機構 
X231 XML(CONTENT(UNTYPED))型 
X232 XML(CONTENT(ANY))型 
X241 XML公開におけるRETURNING CONTENT 
X242 XML公開におけるRETURNING SEQUENCE 
X251 XML(DOCUMENT(UNTYPED))型の永続的なXML値 
X252 XML(DOCUMENT(ANY))型の永続的なXML値 
X253 XML(CONTENT(UNTYPED))型の永続的なXML値 
X254 XML(CONTENT(ANY))型の永続的なXML値 
X255 XML(SEQUENCE)型の永続的なXML値 
X256 XML(DOCUMENT(XMLSCHEMA))型の永続的なXML値 
X257 XML(CONTENT(XMLSCHEMA))型の永続的なXML値 
X260 XML型: ELEMENT句 
X261 XML型: ELEMENT句のないNAMESPACE 
X263 XML型: ELEMENT句付きNO NAMESPACE 
X264 XML型: スキーマ位置 
X271 XMLValidate: データ駆動ケース 
X272 XMLValidate: ACCORDING TO句 
X273 XMLValidate: ELEMENT句 
X274 XMLValidate: スキーマ位置 
X281 XMLValidate: DOCUMENTオプション付き 
X282 XMLValidate CONTENTオプション付き 
X283 XMLValidate SEQUENCEオプション付き 
X284 XMLValidate ELEMENT句のないNAMESPACE 
X286 XMLValidate: ELEMENT句付きNO NAMESPACE 
X300 XMLTable 
X301 XMLTable: 派生列リストオプション 
X302 XMLTable: 序数列オプション 
X303 XMLTable: 列デフォルトオプション 
X304 XMLTable: コンテキスト項目を渡す 
X305 XMLTable: XQuery変数の初期化 
X400 名前と識別子のマッピング