他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

D.1. サポートされている機能

識別子パッケージ説明コメント
B012 埋め込みC 
B021 直接SQL 
E011コア数値データ型 
E011-01コアINTEGERおよびSMALLINTデータ型 
E011-02コアREAL、DOUBLE PRECISION、FLOATデータ型 
E011-03コアDECIMALおよびNUMERICデータ型 
E011-04コア算術演算子 
E011-05コア数値比較 
E011-06コア数値データ型間の暗黙キャスト 
E021コア文字データ型 
E021-01コアCHARACTERデータ型 
E021-02コアCHARACTER VARYINGデータ型 
E021-03コア文字リテラル 
E021-04コアCHARACTER_LENGTH関数数える前にCHARACTER値の最後の空白を除去します。
E021-05コアOCTET_LENGTH関数 
E021-06コアSUBSTRING関数 
E021-07コア文字の連結 
E021-08コアUPPERおよびLOWER関数 
E021-09コアTRIM関数 
E021-10コア文字列型間の暗黙的キャスト 
E021-11コアPOSITION関数 
E021-12コア文字の比較 
E031コア識別子 
E031-01コア制限付き識別子 
E031-02コア小文字の識別子 
E031-03コア末尾のアンダースコア 
E051コア基本問い合わせ仕様 
E051-01コアSELECT DISTINCT 
E051-02コアGROUP BY句 
E051-04コア選択リストにない句を持つGROUP BYが可能 
E051-05コア選択リスト項目の名前変更が可能 
E051-06コアHAVING句 
E051-07コア選択リスト内の修飾付き* 
E051-08コアFROM句内の相関名 
E051-09コアFROM句内の列名の変更 
E061コア基本述部および検索条件 
E061-01コア比較述部 
E061-02コアBETWEEN 述部 
E061-03コア値のリストが付いたIN述部 
E061-04コアLIKE 述部 
E061-05コアESCAPE句付きのLIKE 述部 
E061-06コアNULL 述部 
E061-07コア修飾付き比較述部 
E061-08コアEXISTS述部 
E061-09コア比較術部内の副問い合わせ 
E061-11コアIN述部内の副問い合わせ 
E061-12コア修飾付き比較述部内の副問い合わせ 
E061-13コア相関副問い合わせ 
E061-14コア検索条件 
E071コア基本問い合わせ式 
E071-01コアUNION DISTINCTテーブル演算子 
E071-02コアUNION ALL テーブル演算子 
E071-03コアEXCEPT DISTINCT テーブル演算子 
E071-05コア正確に同一のデータ型を持つ必要がないテーブル演算子経由の列の結合 
E071-06コア副問い合わせ内のテーブル演算子 
E081-01コアSELECT権限 
E081-02コアDELETE権限 
E081-03コアテーブルレベルのINSERT権限 
E081-04コアテーブルレベルのUPDATE権限 
E081-05コア列レベルのUPDATE権限 
E081-06コアテーブルレベルのREFERENCES権限 
E081-07コア列レベルのREFERENCES権限 
E081-08コアWITH GRANT OPTION 
E081-10コアEXECUTE権限 
E091コア集合関数 
E091-01コアAVG 
E091-02コアCOUNT 
E091-03コアMAX 
E091-04コアMIN 
E091-05コアSUM 
E091-06コアALL修飾子 
E091-07コアDISTINCT修飾子 
E101コア基本データ操作 
E101-01コアINSERT 文 
E101-03コアSearched UPDATE 文 
E101-04コアSearched DELETE 文 
E111コア単一行SELECT文 
E121コア基本カーソルサポート 
E121-01コアDECLARE CURSOR 
E121-02コアORDER BY の列は選択リスト内に不要 
E121-03コアORDER BY句内の値式 
E121-04コアOPEN文 
E121-06コア位置指定UPDATE 文 
E121-07コア位置指定DELETE 文 
E121-08コアCLOSE 文 
E121-10コアFETCH 文、暗黙的なNEXT 
E121-17コアWITH HOLDカーソル 
E131コアNULL値のサポート(値の変わりとなるNULL) 
E141コア基本整合性制約 
E141-01コアNOT NULL制約 
E141-02コアNOT NULL句用のUNIQUE制約 
E141-03コアPRIMARY KEY制約 
E141-04コア参照削除動作、参照更新動作の両方でNO ACTIONをデフォルトで持つ基本FOREIGN KEY制約 
E141-06コアCHECK制約 
E141-07コア列デフォルト 
E141-08コアPRIMARY KEYはNOT NULLを意味する 
E141-10コア外部キー名の指定順序は任意 
E151コアトランザクションサポート 
E151-01コアCOMMIT 文 
E151-02コアROLLBACK 文 
E152コア基本SET TRANSACTION文 
E152-01コアSET TRANSACTION 文: ISOLATION LEVEL SERIALIZABLE句 
E152-02コアSET TRANSACTION 文: READ ONLY and READ WRITE句 
E161コア二重のマイナス記号から始まるSQLコメント 
E171コアSQLSTATEサポート 
F021コア基本情報スキーマ 
F021-01コアCOLUMNS ビュー 
F021-02コアTABLES ビュー 
F021-03コアVIEWS ビュー 
F021-04コアTABLE_CONSTRAINTS ビュー 
F021-05コアREFERENTIAL_CONSTRAINTS ビュー 
F021-06コアCHECK_CONSTRAINTS ビュー 
F031コア基本スキーマ操作 
F031-01コア永続基礎テーブルを作成するCREATE TABLE文 
F031-02コアCREATE VIEW文 
F031-03コアGRANT文 
F031-04コアALTER TABLE文: ADD COLUMN句 
F031-13コアDROP TABLE 文: RESTRICT句 
F031-16コアDROP VIEW 文: RESTRICT句 
F031-19コアREVOKE 文: RESTRICT句 
F032 CASCADE削除動作 
F033 ALTER TABLE文: DROP COLUMN句 
F034 拡張REVOKE文 
F034-01 スキーマオブジェクトの所有者以外が実行するREVOKE文 
F034-02 REVOKE 文: GRANT OPTION FOR句 
F034-03 被譲与者がWITH GRANT OPTIONを持つ権限を削除するREVOKE 文 
F041コア基本結合テーブル 
F041-01コア内部結合(INNERキーワードは不要) 
F041-02コアINNERキーワード 
F041-03コアLEFT OUTER JOIN 
F041-04コアRIGHT OUTER JOIN 
F041-05コア入れ子にできる外部結合 
F041-07コア左または右外部結合の内部テーブルは内部結合内でも使用可能 
F041-08コア全ての比較演算子のサポート(単なる=は除く) 
F051コア基本日付時刻 
F051-01コアDATE データ型 (DATEリテラルのサポートを含む) 
F051-02コア少なくとも0の秒精度を持つTIME データ型 (TIMEリテラルのサポートを含む) 
F051-03コア少なくとも0と6の秒精度を持つTIMESTAMP データ型 (TIMESTAMPリテラルのサポートを含む) 
F051-04コアDATE、TIME、TIMESTAMPデータ型に対する比較述部 
F051-05コア日付時刻型と文字列型間の明示的なキャスト 
F051-06コアCURRENT_DATE 
F051-07コアLOCALTIME 
F051-08コアLOCALTIMESTAMP 
F052拡張日付時刻機能時間間隔および日付時刻計算 
F053 OVERLAPS 述部 
F081コアビューのUNIONおよびEXCEPT 
F111 SERIALIZABLE以外の隔離レベル 
F111-01 READ UNCOMMITTED隔離レベル 
F111-02 READ COMMITTED隔離レベル 
F111-03 REPEATABLE READ隔離レベル 
F131コアグループ化操作 
F131-01コアグループ化されたビューを使用する問い合わせにおけるWHERE、GROUP BY、HAVING句のサポート 
F131-02コアグループ化されたビューを使用する問い合わせにおける複数テーブルのサポート 
F131-03コアグループ化されたビューを使用する問い合わせにおける集合関数のサポート 
F131-04コアGROUP BY、HAVING句、グループ化されたビューを持つ副問い合わせ 
F131-05コアGROUP BY、HAVING句、グループ化されたビューを持つ単一行SELECT 
F171 ユーザ毎の複数スキーマ 
F191拡張整合性管理参照削除動作 
F200 TRUNCATE TABLE文 
F201コアCAST関数 
F221コア明示的なデフォルト 
F222 INSERT文: DEFAULT VALUES句 
F231 権限テーブル 
F231-01 TABLE_PRIVILEGESビュー 
F231-02 COLUMN_PRIVILEGESビュー 
F231-03 USAGE_PRIVILEGESビュー 
F251 ドメインサポート 
F261コアCASE式 
F261-01コア単純なCASE 
F261-02コア検索付きCASE 
F261-03コアNULLIF 
F261-04コアCOALESCE 
F271 複合文字リテラル 
F281 高度なLIKE 
F302 INTERSECTテーブル演算子 
F302-01 INTERSECT DISTINCTテーブル演算子 
F302-02 INTERSECT ALLテーブル演算子 
F304 EXCEPT ALLテーブル演算子 
F311-01コアCREATE SCHEMA 
F311-02コア永続基礎テーブル用のCREATE TABLE 
F311-03コアCREATE VIEW 
F311-05コアGRANT 文 
F321 ユーザ認証 
F361 副プログラムのサポート 
F381 拡張スキーマ操作 
F381-01 ALTER TABLE 文: ALTER COLUMN句 
F381-02 ALTER TABLE 文: ADD CONSTRAINT句 
F381-03 ALTER TABLE 文: DROP CONSTRAINT句 
F382 列データ型変更 
F391 長い識別子 
F392 識別子内のUnicodeエスケープ 
F393 リテラル内のUnicodeエスケープ 
F401 拡張結合テーブル 
F401-01 NATURAL JOIN 
F401-02 FULL OUTER JOIN 
F401-04 CROSS JOIN 
F402 LOB、配列、複数セットと結合する名前付きの列 
F411拡張日付時刻機能時間帯指定リテラル解釈に関する違いあり
F421 各国言語 
F431 読み取りのみのスクロール可能なカーソル 
F431-01 明示的なNEXTを持つFETCH 
F431-02 FETCH FIRST 
F431-03 FETCH LAST 
F431-04 FETCH PRIOR 
F431-05 FETCH ABSOLUTE 
F431-06 FETCH RELATIVE 
F441 拡張集合関数のサポート 
F442 set関数内の混在する列参照 
F471コア巣から副問い合わせ値 
F481コア拡張NULL述部 
F491拡張整合性管理制約管理 
F501コア機能と準拠ビュー 
F501-01コアSQL_FEATURESビュー 
F501-02コアSQL_SIZINGビュー 
F501-03コアSQL_LANGUAGESビュー 
F502 高度ドキュメントテーブル 
F502-01 SQL_SIZING_PROFILESビュー 
F502-02 SQL_IMPLEMENTATION_INFOビュー 
F502-03 SQL_PACKAGESビュー 
F531 一時テーブル 
F555拡張日付時刻機能高度な秒精度 
F561 完全な値式 
F571 真値試験 
F591 派生テーブル 
F611 指示子データ型 
F651 カタログ名修飾子 
F661 単純テーブル 
F672 遡及的検査制約 
F701拡張整合性管理参照更新動作 
F711 ドメインのALTER 
F731 列のINSERT権限 
F761 セッション管理 
F762 CURRENT_CATALOG 
F763 CURRENT_SCHEMA 
F771 接続管理 
F781 自己参照操作 
F791 非sensitiveカーソル 
F801 完全な集合関数 
F850 <問い合わせ式>における最上位<order by句> 
F851 副問い合わせにおける<order by 句> 
F852 ビューにおける最上位<order by句> 
F855 <問い合わせ式>における入れ子状の<order by句> 
F856 <問い合わせ式>における入れ子状の<fetch first句> 
F857 <問い合わせ式>における最上位<fetch first句> 
F858 副問い合わせにおける<fetch first句> 
F859 ビューにおける最上位<fetch first句> 
F860 <fetch first 句>における<fetch first row count> 
F861 <問い合わせ式>における最上位<result offset句> 
F862 副問い合わせにおける<result offset句> 
F863 <問い合わせ式>における入れ子状の<result offset句> 
F864 ビューにおける最上位<result offset句> 
F865 <result offset 句>における<offset row count> 
S071拡張オブジェクトサポート関数内のSQLパスおよび型名の解決 
S092 ユーザデータ型の配列 
S095 問い合わせによる配列の構築 
S096 省略可能な配列境界 
S098 ARRAY_AGG 
S111拡張オブジェクトサポート問い合わせ式内のONLY 
S201 配列についてのSQLから呼び出すルーチン 
S201-01 配列パラメータ 
S201-02 関数の結果型としての配列 
S211拡張オブジェクトサポートユーザ定義キャスト関数 
T031 BOOLEANデータ型 
T071 BIGINTデータ型 
T121 問い合わせ式内のWITH(RECURSIVEを除く) 
T122 副問い合わせにおけるWITH (RECURSIVEを除く) 
T131 再帰問い合わせ 
T132 副問い合わせにおける再帰問い合わせ 
T141 SIMILAR述部 
T151 DISTINCT述部 
T152 否定付きDISTINCT述部 
T171 テーブル定義内のLIKE句 
T172 テーブル定義内のAS副問い合わせ句 
T173 テーブル定義内の拡張LIKE句 
T191拡張整合性管理参照動作のRESTRICT 
T201拡張整合性管理参照制約向けの比較可能データ型 
T211-01動的データベース, 拡張整合性管理基礎テーブルのUPDATE、INSERT、DELETEで駆動されるトリガ 
T211-02動的データベース, 拡張整合性管理BEFOREトリガ 
T211-03動的データベース, 拡張整合性管理AFTERトリガ 
T211-04動的データベース, 拡張整合性管理FOR EACH ROWトリガ 
T211-05動的データベース, 拡張整合性管理トリガ呼び出し前に真になる検索条件の指定機能 
T211-07動的データベース, 拡張整合性管理TRIGGER権限 
T212拡張整合性管理高度トリガ機能 
T231 Sensitiveカーソル 
T241 START TRANSACTION文 
T271 セーブポイント 
T281 列粒度のSELECT権限 
T312 OVERLAY関数 
T321-01コアオーバーロードがないユーザ定義関数 
T321-03コア関数呼び出し 
T321-06コアROUTINESビュー 
T321-07コアPARAMETERSビュー 
T322PSMSQLが呼び出す関数、プロシージャのオーバーロード 
T323 外部ルーチンに対する明示的なセキュリティ 
T351 はさまれたSQLコメント(/*...*/ コメント) 
T441 ABSおよびMOD関数 
T461 対称BETWEEN述部 
T501 高度なEXISTS述部 
T551 デフォルト構文用の省略可能なキーワード 
T581 正規表現部分文字列関数 
T591 NULL列を含むUNIQUE制約 
T614 NTILE関数 
T615 LEADおよびLAG関数 
T617 FIRST_VALUEおよびLAST_VALUE関数 
T621 高度数値関数 
T631Coreリスト要素内のIN述部 
T651 SQLルーチン内のSQLスキーマ文 
T655 周期に依存するルーチン 
X010 XML型 
X011 XML型の配列 
X016 永続XML値 
X020 XMLConcat 
X031 XMLElement 
X032 XMLForest 
X034 XMLAgg 
X035 XMLAgg: ORDER BYオプション 
X036 XMLComment 
X037 XMLPI 
X040 基本テーブルマッピング 
X041 基本テーブルマッピング: NULLがない 
X042 基本テーブルマッピング: NULLをnilとして扱う 
X043 基本テーブルマッピング: テーブルをフォレストとして扱う 
X044 基本テーブルマッピング: テーブルを要素として扱う 
X045 基本テーブルマッピング: 対象ネームスペースを持つ 
X046 基本テーブルマッピング: データマッピング 
X047 基本テーブルマッピング: メタデータのマッピング 
X048 基本テーブルマッピング: バイナリ列のBASE64符号化 
X049 基本テーブルマッピング: バイナリ列のHEX符号化 
X050 高度テーブルマッピング 
X051 高度テーブルマッピング: NULLがない 
X052 高度テーブルマッピング: NULLをnilとして扱う 
X053 高度テーブルマッピング: テーブルをフォレストとして扱う 
X054 高度テーブルマッピング: テーブルを要素として扱う 
X055 高度テーブルマッピング: 対象ネームスペース 
X056 高度テーブルマッピング: データマッピング 
X057 高度テーブルマッピング: メタデータのマッピング 
X058 高度テーブルマッピング: バイナリ列のBASE64符号化 
X059 高度テーブルマッピング: バイナリ列のHEX符号化 
X060 XMLParse: 文字列入力およびCONTENTオプション 
X061 XMLParse: 文字列入力およびDOCUMENTオプション 
X070 XMLSerialize: 文字列シリアライゼーションおよびCONTENTオプション 
X071 XMLSerialize: 文字列シリアライゼーションおよびDOCUMENTオプション 
X072 XMLSerialize: 文字列シリアライゼーション 
X090 XML文書述語 
X120 SQL関数におけるXMLパラメータ 
X121 外部関数におけるXMLパラメータ