他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

GET DESCRIPTOR

名前

GET DESCRIPTOR -- SQL記述子領域から情報を入手します。

概要

GET DESCRIPTOR descriptor_name :cvariable = descriptor_header_item [, ... ]
GET DESCRIPTOR descriptor_name VALUE column_number :cvariable = descriptor_item [, ... ]

説明

GET DESCRIPTORはSQL記述子領域から問い合わせ結果セットに関する情報を取り出し、それをホスト変数に格納します。 記述子領域は通常、このコマンドを使用してホスト言語変数に情報を転送する前に、FETCHまたはSELECTを用いて値が投入されます。

このコマンドには2つの構文があります。 1番目の構文では、そのまま結果セットに適用されている記述子の"ヘッダ"項目を取り出します。 行数が1つの例です。 列番号を追加のパラメータとして必要とする2番目の構文では特定の列に関する情報を取り出します。 例えば、列名と列の実際の値です。

パラメータ

descriptor_name

記述子の名前です。

descriptor_header_item

どのヘッダ情報を取り出すかを識別するトークンです。 結果セット内の列数を入手するCOUNTのみが現在サポートされています。

column_number

情報を取り出す列の番号です。 1から数えます。

descriptor_item

どの列に関する情報を取り出すかを識別するトークンです。 サポートされる項目のリストについては項33.7.1を参照してください。

cvariable

記述子領域から取り出したデータを受け取るホスト変数です。

この例は結果セット内の列数を取り出します。

EXEC SQL GET DESCRIPTOR d :d_count = COUNT;

この例は最初の列のデータ長を取り出します。

EXEC SQL GET DESCRIPTOR d VALUE 1 :d_returned_octet_length = RETURNED_OCTET_LENGTH;

この例は、2番目の列のデータ本体を文字列として取り出します。

EXEC SQL GET DESCRIPTOR d VALUE 2 :d_data = DATA;

以下は、SELECT current_database();を実行し、列数、列のデータ長、列のデータを表示する手続き全体を示す例です。

int
main(void)
{
EXEC SQL BEGIN DECLARE SECTION;
    int  d_count;
    char d_data[1024];
    int  d_returned_octet_length;
EXEC SQL END DECLARE SECTION;

    EXEC SQL CONNECT TO testdb AS con1 USER testuser;
    EXEC SQL ALLOCATE DESCRIPTOR d;

    /* Declare, open a cursor, and assign a descriptor to the cursor  */
    EXEC SQL DECLARE cur CURSOR FOR SELECT current_database();
    EXEC SQL OPEN cur;
    EXEC SQL FETCH NEXT FROM cur INTO SQL DESCRIPTOR d;

    /* Get a number of total columns */
    EXEC SQL GET DESCRIPTOR d :d_count = COUNT;
    printf("d_count                 = %d\n", d_count);

    /* Get length of a returned column */
    EXEC SQL GET DESCRIPTOR d VALUE 1 :d_returned_octet_length = RETURNED_OCTET_LENGTH;
    printf("d_returned_octet_length = %d\n", d_returned_octet_length);

    /* Fetch the returned column as a string */
    EXEC SQL GET DESCRIPTOR d VALUE 1 :d_data = DATA;
    printf("d_data                  = %s\n", d_data);

    /* Closing */
    EXEC SQL CLOSE cur;
    EXEC SQL COMMIT;

    EXEC SQL DEALLOCATE DESCRIPTOR d;
    EXEC SQL DISCONNECT ALL;

    return 0;
}

この例を実行すると、結果は以下のようになります。

d_count                 = 1
d_returned_octet_length = 6
d_data                  = testdb

互換性

GET DESCRIPTORは標準SQLで規定されています。

関連項目

ALLOCATE DESCRIPTOR, SET DESCRIPTOR