他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP FOREIGN DATA WRAPPER

名前

DROP FOREIGN DATA WRAPPER -- 外部データラッパを削除する

概要

DROP FOREIGN DATA WRAPPER [ IF EXISTS ] name [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP FOREIGN DATA WRAPPERは既存の外部データラッパを削除します。 このコマンドを実行するためには、現在のユーザは外部データラッパの所有者でなければなりません。

パラメータ

IF EXISTS

外部データラッパが存在しない場合にエラーを発生しません。 この場合警告が発行されます。

name

既存の外部データラッパの名前です。

CASCADE

外部データラッパに依存するオブジェクト(サーバなど)を自動的に削除します。

RESTRICT

外部データラッパに依存するオブジェクトが存在する場合に削除を取りやめます。 これがデフォルトです。

外部データラッパdbiを削除します。

DROP FOREIGN DATA WRAPPER dbi;

互換性

DROP FOREIGN DATA WRAPPERはISO/IEC 9075-9 (SQL/MED)に従います。 IF EXISTS句はPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE FOREIGN DATA WRAPPER, ALTER FOREIGN DATA WRAPPER