他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_connect

名前

SPI_connect -- SPIマネージャにプロシージャを接続する

概要

int SPI_connect(void)

説明

SPI_connectはプロシージャ呼び出しからSPIマネージャへの接続を開きます。 SPIを経由してコマンドを実行させる場合、この関数を呼び出さなければなりません。 SPIユーティリティ関数の中には、未接続のプロシージャから呼び出し可能なものがあります。

既にプロシージャが接続済みの場合、SPI_connectSPI_ERROR_CONNECTエラーを返します。 これは、SPI_connectを呼び出したプロシージャが、直接それ自身でSPI_connectを呼び出す別のプロシージャを呼び出す場合に起こります。 SPIを経由して呼び出されるSQLコマンドがSPIを使用する他の関数を呼び出す場合、SPIマネージャの再帰的な呼び出しは許可されていますが、SPI_connectSPI_finishを直接入れ子に呼び出すことは禁止されています (しかし、SPI_pushおよびSPI_popを参照してください)。

戻り値

SPI_OK_CONNECT

成功した場合。

SPI_ERROR_CONNECT

エラーが発生した場合。