他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_scroll_cursor_move

名前

SPI_scroll_cursor_move -- カーソルを移動する

概要

void SPI_scroll_cursor_move(Portal portal, FetchDirection direction,
                            long count)

説明

SPI_scroll_cursor_moveはカーソル内の行の一部を飛ばします。 これはSQLコマンドMOVEと等価です。

引数

Portal portal

カーソルを含むポータル

FetchDirection direction

FETCH_FORWARDFETCH_BACKWARDFETCH_ABSOLUTEFETCH_RELATIVEのいずれか

long count

FETCH_FORWARDまたはFETCH_BACKWARDでは移動する行数。 FETCH_ABSOLUTEでは移動する行の絶対番号。 FETCH_RELATIVEでは移動する行の相対的番号。

戻り値

成功時、SPI_execute同様にSPI_processedが設定されます。 この関数は行を返しませんので、SPI_tuptableNULLに設定されます。

注釈

directionパラメータおよびcountパラメータの解釈の詳細についてはSQL FETCHコマンドを参照してください。

カーソルの計画がCURSOR_OPT_SCROLLオプション付きで作成されていない場合、FETCH_FORWARD以外の方向値は失敗する可能性があります。