他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER AGGREGATE

名前

ALTER AGGREGATE -- 集約関数定義を変更する

概要

ALTER AGGREGATE name ( argtype [ , ... ] ) RENAME TO new_name
ALTER AGGREGATE name ( argtype [ , ... ] ) OWNER TO new_owner
ALTER AGGREGATE name ( argtype [ , ... ] ) SET SCHEMA new_schema

説明

ALTER AGGREGATEは集約関数の定義を変更します。

ALTER AGGREGATEを使用するには集約関数の所有者でなければなりません。 集約関数のスキーマを変更するには、新しいスキーマにおけるCREATE権限も必要です。 所有者を変更するには、直接または間接的に新しい所有者ロールのメンバでなければなりません。 また、そのロールは集約関数のスキーマにおいてCREATE権限を持たなければなりません。 (この制限により強制的に、所有者の変更に伴い集約関数の削除や再作成ができなくなるといった問題が起こらないようになります。 しかし、スーパーユーザはすべての集約関数の所有者を変更することができます。)

パラメータ

name

既存の集約関数の名前です(スキーマ修飾名も可)。

argtype

集約関数が演算する入力データ型です。 引数を持たない集約関数を参照するには、入力データ型のリストに*と記載してください。

new_name

新しい集約関数の名前です。

new_owner

新しい集約関数の所有者です。

new_schema

集約関数の新しいスキーマです。

integer型用のmyavg集約関数の名前をmy_averageに変更します。

ALTER AGGREGATE myavg(integer) RENAME TO my_average;

integer型用のmyavg集約関数の所有者をjoeに変更します。

ALTER AGGREGATE myavg(integer) OWNER TO joe;

integer型用のmyavg集約関数をmyschemaスキーマに移動します。

ALTER AGGREGATE myavg(integer) SET SCHEMA myschema;

互換性

標準SQLにはALTER AGGREGATE文はありません。

関連項目

CREATE AGGREGATE, DROP AGGREGATE