他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER AGGREGATE

名前

ALTER AGGREGATE -- 集約関数定義の変更

概要

ALTER AGGREGATE name ( type ) RENAME TO newname
ALTER AGGREGATE name ( type ) OWNER TO newowner

説明

ALTER AGGREGATEは集約関数の定義を変更します。

パラメータ

name

既存の集約関数の名前です。(スキーマ修飾名も可。)

type

集約関数の引数のデータ型、または、関数が任意のデータ型を受け付ける場合は*です。

newname

新しい集約関数の名前です。

newowner

新しい集約関数の所有者です。 集約の所有者を変更するにはスーパーユーザでなければなりません。

integer型用のmyavg集約関数の名前をmy_averageに変更します。

ALTER AGGREGATE myavg(integer) RENAME TO my_average;

integer型用のmyavg集約関数の所有者をjoeに変更します。

ALTER AGGREGATE myavg(integer) OWNER TO joe;

互換性

標準SQLにはALTER AGGREGATE文はありません。

関連項目

CREATE AGGREGATE, DROP AGGREGATE