他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ABORT

名前

ABORT -- 現在のトランザクションのアボート

概要

ABORT [ WORK | TRANSACTION ]

説明

ABORT は現在のトランザクションをロールバックし、そのトランザクションで行われた全ての更新を廃棄します。 このコマンドは標準SQLROLLBACKコマンドの動作と同一であり、歴史的な理由のためだけに存在しています。

パラメータ

WORK
TRANSACTION

省略可能なキーワードです。何も効果がありません。

注釈

トランザクションを正常に終了させる場合は COMMIT を使用してください。

トランザクションの外部でABORTを発行しても害はありませんが、警告メッセージが表示されます。

全ての変更をアボートします。

ABORT;

互換性

このコマンドはPostgreSQLの拡張で、歴史的な理由で存在します。 ROLLBACKが、これと等価な標準SQLコマンドです。

関連項目

BEGIN, COMMIT, ROLLBACK