他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER CONVERSION

名前

ALTER CONVERSION -- 変換の定義を変更する

概要

ALTER CONVERSION name RENAME TO new_name
ALTER CONVERSION name OWNER TO new_owner
ALTER CONVERSION name SET SCHEMA new_schema

説明

ALTER CONVERSIONは変換の定義を変更します。

ALTER CONVERSIONを使用するには変換の所有者でなければなりません。 所有者を変更するには、直接または間接的に新しいロールのメンバでなければなりません。 また、そのロールは変換のスキーマにおいてCREATE権限を持たなければなりません。 (この制限により強制的に、所有者の変更に伴い変換の削除や再作成ができなくなるといった問題が起こらないようになります。 しかし、スーパーユーザはすべての変換の所有者を変更することができます。)

パラメータ

name

既存の変換の名前です(スキーマ修飾名も可)。

new_name

新しい変換の名前です。

new_owner

新しい変換の所有者です。

new_schema

変換の新しいスキーマです。

iso_8859_1_to_utf8変換の名前をlatin1_to_unicodeへ変更します。

ALTER CONVERSION iso_8859_1_to_utf8 RENAME TO latin1_to_unicode;

iso_8859_1_to_utf8変換の所有者をjoeに変更します。

ALTER CONVERSION iso_8859_1_to_utf8 OWNER TO joe;

互換性

標準SQLにはALTER CONVERSION文はありません。

関連項目

CREATE CONVERSION, DROP CONVERSION