他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY

名前

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY -- テキスト検索辞書の定義を変更する

概要

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY name (
    option [ = value ] [, ... ]
)
ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY name RENAME TO new_name
ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY name OWNER TO new_owner
ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY name SET SCHEMA new_schema

説明

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARYはテキスト検索辞書の定義を変更します。 辞書のテンプレート固有のオプションの変更、辞書の名称、辞書の所有者を変更することができます。

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARYを使用するには、辞書の所有者でなければなりません。

パラメータ

name

既存のテキスト検索辞書の名称(スキーマ修飾可)です。

option

この辞書に設定される、テンプレート固有のオプションの名称です。

value

テンプレート固有のオプションで使用される、新しい値です。 等号記号と値が省略された場合、そのオプションの以前の設定は辞書から削除され、デフォルト値の使用を許可します。

new_name

新しいテキスト検索辞書の名称です。

new_owner

新しいテキスト検索辞書の所有者です。

new_schema

テキスト検索辞書の新しいスキーマです。

テンプレート固有のオプションは任意の順序で記述することができます。

次の例は、雪だるま式に増加する辞書のストップワードを変更します。 他のパラメータはそのまま変更されません。

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY my_dict ( StopWords = newrussian );

次の例は、言語オプションをドイツ語に変更し、ストップワードオプションを完全に消去します。

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY my_dict ( language = dutch, StopWords );

次の例は、実際には何も変更しませんが、辞書の定義を"更新"します。

ALTER TEXT SEARCH DICTIONARY my_dict ( dummy );

(無効なオプションが存在しても、オプションを消去するコードでエラーとしないため、これは動作します。) この手品は、辞書用の設定ファイルを変更する際に有用です。 このALTERにより既存のデータベースセッションは強制的に設定ファイルを再度読み込みます。 こうしないと、以前に読み込んだ設定ファイルを再読み込みすることはありません。

互換性

標準SQLにはALTER TEXT SEARCH DICTIONARY文はありません。

関連項目

CREATE TEXT SEARCH DICTIONARY, DROP TEXT SEARCH DICTIONARY