他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER VIEW

名前

ALTER VIEW -- ビュー定義を変更する

概要

ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name ALTER [ COLUMN ] column_name SET DEFAULT expression
ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name ALTER [ COLUMN ] column_name DROP DEFAULT
ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name OWNER TO new_owner
ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name RENAME TO new_name
ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name SET SCHEMA new_schema
ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name SET ( view_option_name [= view_option_value] [, ... ] )
ALTER VIEW [ IF EXISTS ] name RESET ( view_option_name [, ... ] )

説明

ALTER VIEWはビューの各種補助属性を変更します。 (ビューを定義する問い合わせを変更したい場合はCREATE OR REPLACE VIEWを使用してください。)

ALTER VIEWを使用するためには、ビューの所有者でなければなりません。 またビューのスキーマを変更するためには、新しいスキーマ上にCREATE権限を持たなければなりません。 さらに所有者を変更するためには、新しく所有者となるロールの直接あるいは間接的なメンバでなければならず、かつ、そのロールはビューのスキーマ上にCREATE権限を持たなければなりません。 (これらの制限は、ビューの削除または再作成によりユーザが実行できないことを、所有者の変更により実行されないことを確実にするためのものです。 しかし、スーパーユーザはすべてのビューの所有者を変更することができます。)

パラメータ

name

既存のビューの名前(スキーマ修飾可)です。

IF EXISTS

ビューが存在する場合にエラーとしません。 この場合には注意メッセージが発行されます。

SET/DROP DEFAULT

この構文は列のデフォルト値を設定または削除します。 INSERT文に該当列に対する値が指定されていない場合、ビューのON INSERTルールが適用される前に、ビューの列に関連づいたデフォルト値はビューに対するINSERT文に挿入されます。

new_owner

ビューの新しい所有者のユーザ名です。

new_name

ビューの新しい名前です。

new_schema

ビューの新しいスキーマです。

view_option_name

設定または再設定するビューオプションの名前です。

view_option_name

ビューオプションの新しい値です。

注釈

歴史的な理由により、ALTER TABLEをビューに対して使用することができます。 ただし、使用可能な構文は上記のビューに対して許される構文に対応するALTER TABLEの構文のみです。

ビューfooの名前をbarに変更します。

ALTER VIEW foo RENAME TO bar;

互換性

ALTER VIEWは標準SQLに対するPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE VIEW, DROP VIEW