他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CLOSE

名前

CLOSE -- カーソルを閉じる

概要

CLOSE { name | ALL }

説明

CLOSEは、開いたカーソルに関連するリソースを解放します。 カーソルが閉じられた後は、そのカーソルに対する操作はできません。 カーソルは必要がなくなった時点で閉じるべきです。

トランザクションがCOMMITもしくはROLLBACKで終了された時点で、開いている保持不可能カーソルは全て暗黙的に閉じられます。 ROLLBACKにより保持可能カーソルを作成したトランザクションをアボートした場合、この保持可能カーソルは暗黙的に閉じられます。 作成したトランザクションが正常にコミットされた場合、保持可能カーソルは明示的にCLOSEが実行されるまで、あるいは、クライアントとの接続が切断されるまで、開いたままになります。

パラメータ

name

閉じる対象となる、現在開いているカーソルの名前です。

ALL

すべてのカーソルを閉じます。

注釈

PostgreSQLには明示的なOPENカーソル文がありません。 カーソルは宣言された時に開いたとみなされます。 カーソルの宣言にはDECLARE文を使用してください。

pg_cursorsシステムビューを問い合わせることにより利用可能なすべてのカーソルを確認することができます。

カーソルがセーブポイントの後に閉ざされ、後にロールバックした場合には、CLOSEはロールバックされません。 つまり、そのカーソルは閉じたままとなります。

liahonaカーソルを閉じます。

CLOSE liahona;

互換性

CLOSEは標準SQLと完全な互換性を持ちます。 ただし、CLOSE ALLPostgreSQLの拡張です。

関連項目

DECLARE, FETCH, MOVE