他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

COMMIT PREPARED

名前

COMMIT PREPARED -- 二相コミット用に事前に準備されたトランザクションをコミットする

概要

COMMIT PREPARED transaction_id

説明

COMMIT PREPAREDは準備段階のトランザクションをコミットします。

パラメータ

transaction_id

コミット対象のトランザクションのトランザクション識別子です。

注釈

準備されたトランザクションをコミットするには、元のトランザクションを実行したユーザと同じユーザか、スーパーユーザでなければなりません。 しかし、トランザクションを実行したセッションと同じセッションである必要はありません。

このコマンドはトランザクションブロックの内側では実行できません。 準備されたトランザクションは即座にコミットされます。

利用可能な準備されたトランザクションはすべて、pg_prepared_xactsシステムビューで列挙されます。

foobarトランザクション識別子で識別されるトランザクションをコミットします。

COMMIT PREPARED 'foobar';

互換性

COMMIT PREPAREDPostgreSQLの拡張です。 これは外部のトランザクション管理システムによる利用を意図したものです。 トランザクション管理システムの一部(X/Open XAなど)は標準化されていますが、こうしたシステムのSQL側は標準化されていません。

関連項目

PREPARE TRANSACTION, ROLLBACK PREPARED