他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

III. サーバの管理

ここでは、PostgreSQLデータベース管理者にとって関心のある事項を扱います。 これには、ソフトウェアのインストール、サーバの設定や構成、ユーザやデータベースの管理、および保守作業が含まれます。 PostgreSQLサーバを個人的に使用している場合もそうですが、特に業務で使用している場合は、ここで扱う事項に精通している必要があります。

ここに記載された情報は、大体において新規ユーザが読み進めるべき順番に並べられています。 ただ、章ごとに内容が独立していますので、必要に応じて個々の章を読むこともできます。 ここでの情報は、項目単位で限定して説明されています。 特定のコマンドについて完全な説明を知りたい場合は、パートVIを参照してください。

最初の数章は、これからサーバを構築する新規ユーザにも読めるように、前提知識がなくても理解できるようになっています。 残りの部分では調整や管理について記されていますが、その資料は読者がPostgreSQLデータベースシステムの一般的な使用について理解していることを前提としています。 詳細な情報についてはパートIパートIIを参照することをお勧めします。

目次
15章ソースコードからインストール
15.1. 簡易版
15.2. 必要条件
15.3. ソースの入手
15.4. インストール手順
15.5. インストール後の設定作業
15.6. サポートされるプラットフォーム
15.7. プラットフォーム特有の覚書
16章Windowsにおけるソースコードからのインストール
16.1. Visual C++またはMicrosoft Windows SDKを使用した構築
16.2. Visual C++またはBorland C++を使用したlibpqの構築
17章サーバの準備と運用
17.1. PostgreSQLユーザアカウント
17.2. データベースクラスタの作成
17.3. データベースサーバの起動
17.4. カーネルリソースの管理
17.5. サーバのシャットダウン
17.6. PostgreSQLクラスタのアップグレード処理
17.7. サーバのなりすまし防止
17.8. 暗号化オプション
17.9. SSLによる安全なTCP/IP接続
17.10. SSHトンネルを使った安全なTCP/IP接続
17.11. WindowsにおけるEvent Logの登録
18章サーバの設定
18.1. パラメータの設定
18.2. ファイルの場所
18.3. 接続と認証
18.4. 資源の消費
18.5. ログ先行書き込み(WAL)
18.6. レプリケーション
18.7. 問い合わせ計画
18.8. エラー報告とログ取得
18.9. 実行時統計情報
18.10. 自動Vacuum作業
18.11. クライアント接続デフォルト
18.12. ロック管理
18.13. バージョンとプラットフォーム互換性
18.14. エラー処理
18.15. 設定済みのオプション
18.16. 独自のオプション
18.17. 開発者向けのオプション
18.18. 短いオプション
19章クライアント認証
19.1. pg_hba.confファイル
19.2. ユーザ名マップ
19.3. 認証方式
19.4. 認証における問題点
20章データベースロール
20.1. データベースロール
20.2. ロールの属性
20.3. ロールのメンバ資格
20.4. 関数とトリガのセキュリティ
21章データベース管理
21.1. 概要
21.2. データベースの作成
21.3. テンプレートデータベース
21.4. データベースの設定
21.5. データベースの削除
21.6. テーブル空間
22章多言語対応
22.1. ロケールのサポート
22.2. 照合サポート
22.3. 文字セットサポート
23章定常的なデータベース保守作業
23.1. 定常的なバキューム作業
23.2. 定常的なインデックスの再作成
23.3. ログファイルの保守
24章バックアップとリストア
24.1. SQLによるダンプ
24.2. ファイルシステムレベルのバックアップ
24.3. 継続的アーカイブとポイントインタイムリカバリ(PITR)
25章高可用性、負荷分散およびレプリケーション
25.1. 様々な解法の比較
25.2. ログシッピングスタンバイサーバ
25.3. フェールオーバ
25.4. この他のログシッピングの方法
25.5. ホットスタンバイ
26章リカバリの設定
26.1. アーカイブリカバリの設定
26.2. リカバリ対象の設定
26.3. スタンバイサーバの設定
27章データベース活動状況の監視
27.1. 標準的なUnixツール
27.2. 統計情報コレクタ
27.3. ロックの表示
27.4. 動的追跡
28章ディスク使用量の監視
28.1. ディスク使用量の決定
28.2. ディスク容量不足による問題
29章信頼性とログ先行書き込み
29.1. 信頼性
29.2. ログ先行書き込み(WAL)
29.3. 非同期コミット
29.4. WALの設定
29.5. WALの内部
30章リグレッションテスト
30.1. テストの実行
30.2. テストの評価
30.3. 各種の比較用ファイル
30.4. テストが網羅する範囲の検証