他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

47.38. pg_rewrite

pg_rewriteカタログはテーブルとビューに対する書き換えルールを保存します。

表 47-38. pg_rewriteの列

名前参照先説明
oidoid 行識別子(隠し属性です。明示的に選択しなければなりません)
rulenamename ルール名
ev_classoidpg_class.oidルールを適用するテーブル
ev_attrint2  ルールを適用する列(現在は常にテーブル全体を表す-1)
ev_typechar  ルールを適用するイベントの型: 1 = SELECT、 2 = UPDATE、 3 = INSERT、 4 = DELETE
ev_enabledchar ルールがどのsession_replication_roleモードで発行されるかを制御します。 O = ルールは"origin"および"local"モードで発行。 D = ルールは無効。 R = ルールは"replica"モードで発行。 A = ルールは常に発行。
is_insteadbool ルールがINSTEADルールの場合は真
ev_qualpg_node_tree  ルールの制約条件に対する(nodeToString()表現による)演算式ツリー
ev_actionpg_node_tree  ルールのアクションに対する(nodeToString()表現による)問い合わせツリー

注意: テーブルがこのカタログ内のルールを持つ場合、pg_class.relhasrulesは真でなければなりません。