[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

47.44. pg_tablespace

pg_tablespaceカタログは利用できるテーブル空間についての情報を格納します。 テーブルは、ディスクの配置を管理できるようにするために特定のテーブル空間に格納することができます。

システムカタログの大部分とは違って、pg_tablespaceは、すべてのクラスタのデータベース間で共有されます。 (データベース毎ではなく)クラスタ毎に、pg_tablespaceのコピーが1つだけ存在します。

表 47-44. pg_tablespaceの列

名前参照先説明
oidoid 行識別子(隠し属性です。明示的に選択しなければなりません)
spcnamename テーブル空間名
spcowneroidpg_authid.oidテーブル空間の所有者。たいていはテーブル空間を作成したユーザ
spcaclaclitem[] アクセス権限。 GRANTREVOKEを参照してください。
spcoptionstext[] "keyword=value"文字列のようなテーブル空間レベルのオプション。