他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

5.10. 外部データ

PostgreSQLはSQL/MED仕様を部分的に実装しており、PostgreSQLの外部にあるデータに対して標準的なSQLクエリでアクセスできます。このようなデータは外部データと呼ばれます。(この用語をデータベース内の制約である外部キーと混同しないように気をつけてください。)

外部データは外部データラッパの手助けによりアクセスされます。外部データラッパは外部データソースと通信できるライブラリであり、接続確立やデータ取得といった詳細を隠蔽します。contribモジュールとして、いくつかの外部データラッパが利用できます; 付録Fを参照してください。 その他の種類の外部データラッパは外部製品として見つかるでしょう。既存の外部データラッパがあなたの用途に合わない場合、独自のラッパを書くことができます。第52章を参照してください。

外部データにアクセスするには、特定の外部データソースへの接続方法をそれを支える外部データラッパが使用するオプションの組み合わせによって定義する外部サーバオブジェクトを作成する必要があります。その後、外部データの構造を定義する外部テーブルを少なくともひとつ作成する必要があります。外部テーブルは通常のテーブルと同様にクエリの中で使用できますが、外部テーブルはPostgreSQLサーバには格納領域を持ちません。 外部テーブルが使われるたびに、PostgreSQLは外部ソースからデータを取得することや、更新コマンドの場合には外部ソースへデータを送信することを外部データラッパに依頼します。

外部データへのアクセスは外部データソースからの認証を必要とする場合があります。この情報は、現在のPostgreSQLロールに基づいてユーザ名やパスワードといった追加のデータを提供することができるユーザマッピングによって提供することができます。

追加情報は、CREATE FOREIGN DATA WRAPPERCREATE SERVERCREATE USER MAPPINGCREATE FOREIGN TABLEを参照してください。