他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 52章外部データラッパの作成

目次
52.1. 外部データラッパ関数
52.2. 外部データラッパのコールバックルーチン
52.2.1. 外部テーブルスキャンのためのFDWルーチン
52.2.2. 外部テーブル更新のためのFDWルーチン
52.2.3. EXPLAINのためのFDWルーチン
52.2.4. ANALYZEのためのFDWルーチン
52.3. 外部データラッパヘルパ関数
52.4. 外部データラッパのクエリプラン作成

外部テーブルへの全ての操作は、コアサーバの呼び出しを処理する関数のセットで構成される、外部データラッパによって扱われます。 リモートデータソースからデータを取り出し、そのデータをPostgreSQLエグゼキュータに返却する責任は外部データラッパにあります。 もし外部テーブルの更新をサポートするのであれば、ラッパはそれも扱わなければなりません。 本章では、新しい外部データラッパを作成する方法の概要を示します。

独自の外部データラッパを作成する際、標準配布物に含まれているものは優れたリファレンスです。 ソースツリーのcontribサブディレクトリを調べてください。 CREATE FOREIGN DATA WRAPPERマニュアルページにも有用な情報があります。

注意: 標準SQLでは外部データラッパを作成するインターフェースを定義しています。 しかしながら、PostgreSQLに適応させる労力が大きく、また標準のAPIが広く採用されているわけでもないので、PostgreSQLはそのAPIを実装していません。