他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

REFRESH MATERIALIZED VIEW

名前

REFRESH MATERIALIZED VIEW -- マテリアライズドビューの内容を置換

概要

REFRESH MATERIALIZED VIEW name
    [ WITH [ NO ] DATA ]

説明

REFRESH MATERIALIZED VIEWはマテリアライズドビューの内容を完全に置き換えます。 古い内容は破棄されます。 WITH DATAが指定されている場合(またはデフォルトでは)、新しいデータを提供するために裏付け問い合わせが実行され。マテリアライズドビューはスキャン可能状態になります。 WITH NO DATAが指定されている場合、新しいデータは生成されず、マテリアライズドビューはスキャン不可状態になります。

パラメータ

name

更新するマテリアライズドビューの名前(スキーマ修飾可)です。

注釈

将来のCLUSTER操作用のデフォルトインデックスは保持されますが、 この属性に基づいた順序でREFRESH MATERIALIZED VIEWは行を生成しません。 生成時にデータを順序付けしたければ、裏付け問い合わせの中でORDER BYを使用しなければなりません。

以下のコマンドは、マテリアライズドビュービューの定義からの問い合わせを用いてorder_summaryというマテリアライズドビューの内容を置き換え、スキャン可能状態とします。

REFRESH MATERIALIZED VIEW order_summary;

以下のコマンドはannual_statistics_basisマテリアライズドビューに関連する格納領域を解放し、スキャン不可状態とします。

REFRESH MATERIALIZED VIEW annual_statistics_basis WITH NO DATA;

互換性

REFRESH MATERIALIZED VIEWPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE MATERIALIZED VIEW, ALTER MATERIALIZED VIEW, DROP MATERIALIZED VIEW