[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP TEXT SEARCH CONFIGURATION

名前

DROP TEXT SEARCH CONFIGURATION -- テキスト検索設定を削除する

概要

DROP TEXT SEARCH CONFIGURATION [ IF EXISTS ] name [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP TEXT SEARCH CONFIGURATIONは既存のテキスト検索設定を削除します。 このコマンドを実行するためには、その設定の所有者でなければなりません。

パラメータ

IF EXISTS

テキスト検索設定が存在しない場合でもエラーとしません。 この場合は注意が発行されます。

name

既存のテキスト検索設定の名称(スキーマ修飾可)です。

CASCADE

テキスト検索設定に依存するオブジェクトを自動的に削除します。

RESTRICT

依存するオブジェクトが存在する場合、テキスト検索設定の削除を中止します。 これがデフォルトです。

テキスト検索設定my_englishを削除します。

DROP TEXT SEARCH CONFIGURATION my_english;

to_tsvector呼び出し内でこの設定を参照するインデックスが存在する場合、このコマンドは成功しません。 こうしたインデックスをテキスト検索設定と一緒に削除するためにはCASCADEを付けてください。

互換性

標準SQLにはDROP TEXT SEARCH CONFIGURATION文はありません。

関連項目

ALTER TEXT SEARCH CONFIGURATION, CREATE TEXT SEARCH CONFIGURATION