[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.232. リリース8.0.14

リリース日: 2007-09-17

このリリースは8.0.13の各種不具合を修正したものです。 8.0メジャーリリースにおける新機能についてはE.246. リリース8.0を参照してください。

E.232.1. バージョン8.0.14への移行

8.0.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。 しかし、8.0.6より前のバージョンからアップグレードする場合は、E.240. リリース8.0.6を参照してください。

E.232.2. 変更点

  • トランザクションが、行を挿入した後に、同一テーブルに対する同時実行中のVACUUMの終了時刻とほぼ同じ時点でアボートした場合のインデックス破損を防止します。(Tom)

  • CREATE DOMAIN ... DEFAULT NULLが適切に動作するようにしました。(Tom)

  • 過度なSSLエラーメッセージのログ処理を修正しました。(Tom)

  • sysloggerプロセスを使用する時にログメッセージが差し込まれないようにログ処理を修正しました。(Andrew)

  • log_min_error_statementログ処理がメモリ不足になった時のクラッシュを修正しました。(Tom)

  • 一部の外部キーの境界の不正な扱いを修正しました。(Tom)

  • 他のセッションによる一時テーブル処理を防ぐために起こるCLUSTERの失敗を防ぎます。(Alvaro)

  • 時間帯データベース規則を更新しました。具体的にはニュージーランドで予定している変更です。(Tom)

  • Windowsソケットを改良しました。(Magnus)

  • 符号化方式が不整合となる可能性があるため、Windowsにてログのタイムスタンプに時間帯名(%Z)を出力しないようにしました。(Tom)

  • セキュリティ強化のため、パスワード認証のみを使用する/contrib/dblinkを使用するユーザが非特権ユーザであることを要求します。(Joe)